令和元年度11月「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表します

【照会先】

高知労働局 労働基準部 監督課
課     長 矢野 毅
地方監察監督官 井上 幹昭
電話 088-885-6022
FAX 088-885-6038
報道関係者 各位


 高知労働局(局長 柳澤恭仁)では、このたび、昨年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の実施結果について取りまとめましたので、公表します。

 平成31年4月1日から、長時間労働の抑制を図るため、時間外労働の上限を設けるなどの労働基準法の改正を始めとする働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(平成30年法律第71号)が順次施行されています。
 今回の重点監督は、長時間の過重労働による過労死等に関する労災請求のあった事業場や若者の「使い捨て」が疑われる事業場などを含め、労働基準関係法令の違反が疑われる141事業場に対して集中的に実施したものです。その結果、55事業場において、違法な時間外労働等の労働基準関係法令違反が認められたため、それらの事業場に対して、是正に向けた指導を行いました。高知労働局では今後も、長時間労働の是正に向けた取組を積極的に行っていきます。
 詳細については、下記資料をご覧ください。

 ● 令和元年度11月「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表 (PDF:16KB)
 ● 令和元年度「過重労働解消キャンペーン」の監督実施結果 (PDF:11KB)
 ● 監督指導事例 (PDF:215KB)
 ● 労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン (PDF:12KB)
 ● 36協定が変わりました! (PDF:2.01MB)
 ● 産業医・産業保健機能の強化について (PDF:151KB)
 ● 相談先一覧 (PDF:8KB)

 

その他関連情報

情報配信サービス

〒781-9548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.