6月1日から「全国安全週間、準備期間」がスタート

【照会先】

高知労働局 労働基準部健康安全課
 課    長  小岸 圭太
 主任地方労働
 衛生専門官   生永 実
  電話 088-885-6023
  FAX 088-885-6038
報道関係者各位


 令和元年における高知県の労働災害発生状況は、休業4日以上の死傷者数が947人となり、死亡労働災害により13人の方の尊い生命が失われています。令和2年においては、4月末現在で休業4日以上の死傷者数が244人、死亡者は1人となっています。また、死傷者数に占める高年齢労働者(60 歳以上)の数は増加傾向にあり、令和元年度においては、全体の約3 割を占めています。
 このような状況を踏まえ、高知労働局(局長 柳澤 恭仁)では、下記のスローガンのもと全国安全週間(7月1日から7月7日まで)及びその準備期間(6月1日から6月30 日)を通して、労働災害防止の重要性について改めて認識を深めていただくとともに、労働災害の減少に向けた安全活動の着実な実施を図っていただくよう、呼びかけます。
 なお、各事業場での取組に当たっては、新型コロナウイルス感染症対策について十分に留意しながら実施していただくよう促します。

   


 詳しい内容は、 下記、 報道発表資料をご覧ください。

 ● 報道発表資料 (PDF:6.94MB)



 

その他関連情報

情報配信サービス

〒781-9548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.