日本国憲法(第22条)は、基本的人権の一つとして全ての人に「職業選択の自由」を保障しています。
 また、日本国憲法(第14条)は基本的人権の一つとしてすべての人に「法の下の平等」を保障しており、採用選考においても、この理念にのっとり、人種・信条・性別・社会的身分・門地などの事項による差別があってはならず、適性・能力のみを基準として行われることが求められます。
 
 一方、雇用主にも、採用方針・採用基準・採否の決定など、「採用の自由」が認められています。
 しかし、「採用の自由」は、応募者の基本的人権を侵してまで認められているわけではありません。
 
 雇用主の皆様におかれましては、採用選考を行うに当たって、
 ●「人を人としてみる」人間尊重の精神、すなわち、応募者の基本的人権を尊重する
 ●応募者の適性・能力のみを基準とする
の2点を基本的な考えとし、「雇用条件・応募方法の明確化」「公正な採用基準」「基本的人権の尊重」に基づく公正な採用選考の実施をお願いいたします。
 
〈参考〉 
    採用・選考時のルール(厚生労働省サイトへ)

    公正採用選考特設サイト(厚生労働省特設サイトへ)


詳細リンク



1 公正な採用選考の基本
2 採用選考時に配慮すべき事項
3 就職差別につながるおそれがある不適切な質問の例
4 求職者の個人情報の取扱いについて
5 公正採用選考人権啓発推進員制度について
6 公正採用選考人権啓発推進員研修会

 

その他関連情報

情報配信サービス

〒060-8566 北海道札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎3・6・8・9F

Copyright(c)2000-2014 Hokkaido Labor Bureau.All rights reserved.