障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度(もにす認定制度)

「もにす認定制度」とは

 障害者雇用の促進および雇用の安定に関する取り組みの実施状況などが優良な中小事業主を厚生労働大臣が認定する制度で、令和2年の4月から実施しています。
 この認定制度により、認定企業が障害者雇用における身近なロールモデルとして認知されることで、地域における障害者雇用の取り組みの一層の推進が期待されます。
 また、認定事業主になると自社の商品・サービス・広告、ハローワークの求人票などに「認定マーク」を表示することができ、日本政策金融公庫の「働き方改革推進支援資金」の低利融資の対象となるほか、厚生労働省と千葉労働局のホームページへの掲載など、周知広報の対象となるなどのメリットがあります。

認定マーク「もにす」
共に進む(ともにすすむ)という言葉に由来し、企業と障害者が共に明るい未来や
社会に進んでいくことを期待し、名付けられたものです。


認定制度の概要については、下記リーフレットをご覧ください。

リーフレット[PDF形式:1015KB]

認定事業主一覧(千葉県版)

No.をクリックすると認定式の写真、事業所名をクリックするとホームページなどの詳細情報をご覧いただけます。
(現在、記事はありません)
No. 事業所名 業種 特例子会社
 

 

 

 

※表を左右に動かしてご覧ください。

ページの先頭へ戻る


詳しい認定制度の内容や、申請書類などにつきましては、厚生労働省のホームページにてご確認ください。

障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度(もにす認定制度)

その他関連情報

情報配信サービス

〒260-8612 千葉市中央区中央4丁目11番1号 千葉第2地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Chiba Labor Bureau.All rights reserved.