女性の活躍推進情報コーナー

  

①.png


  




②.png③.png④.png
 
 
 

このコーナーでは、厚生労働省、大阪労働局、大阪府内の自治体・行政機関、経営者団体等の
女性の活躍推進に関する取組等についての情報を提供します。
 
女性活躍推進法、両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)の
お問い合わせ・女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画策定届の提出・認定申請は
雇用環境・均等部 指導課
〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館8F
電話番号06-6941-8940

 女性活躍推進法関係

 

  女性活躍推進法が改正されました!


令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。
主な改正内容は以下のとおりです。
 
●常時雇用する労働者が301人以上の事業主の皆さまへ

1.   一般事業主行動計画に数値目標を「2つ以上」定める必要があります
令和2年4月1日以降が始期となる一般事業主行動計画を策定する際は、原則として「①女性労働者に対する職業生活に関する機会の提供」「②職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備」の区分ごとに1つ以上の項目を選択し、それぞれ関連する数値目標を定める必要があります(施行:令和2年4月1日)
 
2.   女性活躍に関する情報公表項目が「2つ以上」となります
令和2年6月1日以降に実施する、女性の活躍に関する情報公表について、「(1)職業生活に関する機会の提供に関する実績」「(2)職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備に関する実績」の各区分から1項目以上選択し、公表する必要があります(施行:令和2年6月1日)。

こちらのリーフレットもご参照ください

 
●常時雇用する労働者が101~300人の事業主の皆さまへ 

~一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大~
一般事業主行動計画の策定・届出義務及び自社の女性活躍に関する情報公表の義務の対象が、常時雇用する労働者が「301人以上」から「101人以上」の事業主に拡大されます(施行:令和4年4月1日)。
(*行動計画に定める数値目標、女性の活躍に関する情報公表項目はいずれも1つ以上です)

 
●その他 ~特例認定制度(プラチナえるぼし)の創設~
女性の活躍推進に関する状況等が優良な事業主の方への認定(えるぼし認定)よりも水準の高い「プラチナえるぼし」認定が創設されます(施行:令和2年6月1日)。
 

令和2年4月1日以降が始期となる行動計画を策定する場合の届出様式のダウンロード先や、改正法の詳細についてはこちらをご覧ください。

女性活躍推進・ハラスメント防止対策についての解説動画が公開されました。 こちら をご覧ください。
(ハラスメント対策の総合情報サイト『あかるい職場応援団』へ)厚生労働省公式Youtubeはこちらへ。

 

  常時雇用する労働者が300人以下の 中小企業のみなさまへ


優秀な人材の確保や職場定着を図るために、これまでの「働き方」の見直しが課題となっています。
女性が働きやすい魅力ある職場づくりは「働き方改革」の一番の近道です。

女性活躍推進法に基づき、行動計画を策定し、自社の女性活躍の状況を情報公表する等、女性の活躍推進に取組んでみませんか。
 

令和2年度「中小企業のための女性活躍推進事業」

「中小企業のための女性活躍推進事業」では、常時雇用する労働者数が300人以下の中小企業を対象に、
女性活躍推進法に基づく状況把握・課題分析、一般事業主行動計画の策定等・情報公表、「えるぼし」認定の取得等について、
無料で支援しています。女性活躍推進アドバイザーによる電話・メール・個別企業訪問等による相談のほか、
女性活躍推進法に関する説明会や、社会保険労務士等向けのスキルアップ研修会を実施しています。

詳しくは専用ホームページをご覧ください。
(専用ホームページ) https://joseikatsuyaku.com/
チラシはこちら
 

 

  女性活躍推進法の概要

女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するため「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定されました。

これにより、平成28年4月1日から常時雇用する労働者(※1)の数が301人以上の大企業は、(1)自社の女性の活躍に関する状況把握、課題分析 (2)数値目標を定めた行動計画の策定・社内周知・公表 (3)行動計画を策定した旨の届出 (4)女性の活躍に関する情報公表 が義務づけられていますので、未届の事業主の皆様及び、行動計画の期間が切れている事業主の皆様は、至急策定及び届出をお願いいたします。

また、女性活躍推進法が改正され、令和4年4月1日以降、常時雇用する労働者(※1)の数が101人以上300人以下の事業主についても、上記(1)~(4)が義務づけられます。企業の規模にかかわらず、個々の事業主の課題に応じて積極的に取り組みましょう。
   
(※1)正社員だけでなくパート、契約社員、アルバイトなどの名称にかかわらず、以下の要件に該当する労働者も含む。
①期間の定めなく雇用されている者
②一定の期間を定めて雇用されている者であって、過去1年以上の期間について引き続き雇用されている者又は雇入れの時から1年以上引き続き雇用されると見込まれる者



女性の活躍に関する情報公表
自社の女性の活躍に関する状況について公表する情報を選択し、求職者が簡単に閲覧できるように公表しましょう。
また、年に1度データを更新しましょう。掲載する情報は少なくとも更新時点の属する事業年度の前々年度までの情報とする必要があります。

自社の女性の活躍に関する情報公表の際、厚生労働省「女性の活躍・両立支援総合サイト」内の「女性の活躍推進企業データベース」(※)をぜひご活用ください。
(※)企業における女性の活躍の情報を一元的に集約したデータベースです。
女性活躍推進法における「行動計画の外部への公表」及び「自社の女性の活躍の状況に関する情報公表」の掲載先としてご活用ください。
 
 
●  行動計画の策定例(115KB; PDFファイル) 
●  一般事業主行動計画策定届・変更届 様式(Word) (この用紙以外でも必要事項が記載されていれば有効です。)
●  行動計画策定届の記載例(272KB; PDFファイル) 

  女性活躍推進法に基づく認定

 

 女性活躍推進法では、一般事業主行動計画の策定・届出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、女性の活躍推進に関する状況等が優良な事業主は、申請により厚生労働大臣の認定を受けることができます。

認定を受けた企業は認定マーク(愛称「えるぼし」「プラチナえるぼし」)を商品や広告、名刺、求人票などに使用することができ、女性の活躍を推進している事業主であることをアピールすることができます。

認定制度の詳細については「女性活躍推進法特集ページ」(厚生労働省HP)をご覧ください。
 
 
 ●大阪労働局管内の認定企業名一覧はこちら
 
※認定基準
 「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の5つの評価項目のうち、基準を満たす項目数に応じて、1つ又は2つを満たせば第1段階、3つ又は4つを満たせば第2段階、全てを満たせば第3段階となります。
満たさない項目については、2年以上連続してその実績が改善していることが必要です。
また、令和2年6月1日から、プラチナえるぼし認定制度ができました。えるぼし認定を受けた事業主のうち、行動計画に定めた目標を達成したことや、女性の活躍推進に関する状況が優良である等の要件を見たした場合認定申請することができます。
 
 
●女性活躍推進法等に基づく「えるぼし」!認定企業が公共調達で有利になります!
 
各府省等が総合評価落札方式又は企画競争による調達によって公共調達を実施する場合は、 女性活躍推進法に基づく認定企業(えるぼし認定企業)などを加点評価するよう定められました。
 300人以下の企業の場合は、女性活躍推進法に基づく行動計画の策定・届出を行うだけで、 加点の対象になります。
 公共調達の制度の概要や、加点評価を受けることができる「えるぼし」認定企業一覧などは
女性活躍推進法特集ページ」(厚生労働省HP)をご覧ください。 

 

  両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)について

 女性活躍推進法に沿って、一般事業主行動計画の策定を行ったうえで、行動計画に盛り込んだ取組内容を実施し、数値目標を達成した事業主に助成金を支給します。
詳細はこちら (厚生労働省ホームページ)

 

⑨.png 

・現在予定されているイベントはありません。


 
⑩.png 
 

ポジティブ・アクション(女性の活躍推進)に取り組まれる企業の方へ(厚生労働省HP)

ポジティブ・アクションとはなにか、その取り組み方法、厚生労働省が作成した各種資料等を掲載しています。
ポジティブ・アクションを推進している企業を表彰する「均等・両立推進企業表彰」制度についても掲載しています。
ポジティブ・アクション普及促進のためのシンボルマーク『きらら』も紹介しています。
 

女性の活躍・両立支援総合サイト.png

女性の活躍・両立支援 総合サイト(厚生労働省委託)

企業における、女性の活躍推進、仕事と家庭の両立支援に関する情報を提供しています。
各企業の女性の活躍推進の取組や、自社の状況が診断できるツール等、ポジティブ・アクションに関する
各種情報を提供する「ポジティブ・アクション情報ポータルサイト」もあります。


女性の活躍推進企業データベース

女性の活躍推進企業データベース(厚生労働省)

企業における女性の活躍状況に関する情報を一元的に集約したデータベースです。
自社の女性の活躍に関する情報公表や、行動計画の外部への公表の際に、是非ご活用ください。
 

OSAKAしごとフィールド

OSAKAしごとフィールド(大阪府)

 就職を希望する方、人材を採用・育成したい中小企業の方のための就職支援施設です。
各種セミナー等、さまざまなサポートが用意されています。
 「働くママ応援コーナー」もあります。
 

(追加7).png

OSAKA女性活躍推進会議(大阪府)

オール大阪で女性活躍推進の機運を盛り上げるために、行政機関・経済団体・労働組合・大学等から成る
 「OSAKA女性活躍推進会議」が設置されました。構成団体が実施するイベント等の情報を発信します。
 

きらめく女性の応援ひろば~未来へレディgo~

きらめく女性の応援ひろば~未来へレディgo!~(大阪市 女性の活躍促進「見える化」情報発信事業)

大阪市が取り組む女性活躍促進事業の内容、大阪市女性活躍リーディングカンパニー認証企業の紹介等、
女性がいきいきと活躍している姿を情報発信しています! 


大阪商工会議所「企業における女性の発掘・戦力化支援事業」 

企業における女性の発掘・戦力化事業 (大阪商工会議所)

大阪商工会議所の女性の活躍推進に関する事業や、セミナー情報等が紹介されています。
在阪企業の女性の活躍事例集『女活のススメ』も掲載されています。 

    3.png   
  
 
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F
〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.