各種法令・制度・手続き

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

非正規雇用労働者待遇改善に向けて

 

非正規雇用労働者と正規雇用労働者との間の不合理な待遇差の解消を図ることが課題となっているため、不合理な待遇差の解消の取組を通じて、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保を目指します。

 

どのような雇用形態を選択しても納得が得られる待遇が受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにするため、「パートタイム・有期雇用労働法」が施行され、不合理な待遇差の禁止や労働者に対する待遇に関する説明義務の強化が行われます。
 
  同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。正規か非正規かという雇用形態に関わらない均等・均衡待遇を確保し、同一労働同一賃金の実現に向けて「同一労働同一賃金ガイドライン」が策定されました。ガイドラインでは、同一企業・団体における正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間で、待遇差が存在する場合に、いかなる待遇差が不合理なものであり、いかなる待遇差は不合理なものでないのか、原則となる考え方と具体例を示しています。



「パートタイム・有期雇用労働法等説明会」のご案内
●令和元年7月5日(金)、札幌会場において、次のとおり追加開催することを決定しました。
         (開催年月日)                  (時間帯)                      (場 所)

    令和元年8月21日(水)  14時00分~16時00分   札幌第一合同庁舎 2階講堂     
                           【定員に達しました。】


●令和元年7月17日(水)札幌会場において、次のとおり追加開催することを決定しました。
        (開催年月日)                  (時間帯)                        (場 所)
    
令和元年8月21日(水)  10時00分~12時00分   札幌第一合同庁舎 2階講堂
                   【定員に達しました。】

                    

「パートタイム・有期雇用労働法」の施行について
 

「同一労働同一賃金」について(厚生労働省へのリンク)

よくある質問と、専用問い合わせ先の案内もございます。

 

「同一労働同一賃金ガイドライン」について(PDF)

 

 

派遣労働者の同一労働同一賃金について(厚生労働省へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20150623aedbana.png中小企業を経営されている方へ2015811sutoresu.jpgあかるい職場応援団

 

ハローワークサービス憲章 ホットライン.png厚労省人事労務マガジン東日本.png

 

 

 

北海道労働局 〒060-8566  北海道札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎3・8・9F

Copyright(c)2000-2014 Hokkaido Labor Bureau.All rights reserved.