「過重労働解消キャンペーン」 を11月に実施します。

 平成30年7月6日、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(平成30年法律第71号)が公布されました。
 また、同月24日には、変更された「過労死等の防止のための対策に関する大綱」が閣議決定され、国が取り組む重点対策として、長時間労働の削減に向けた取組の徹底や過重労働による健康障害の防止対策等が項立てされるとともに、勤務間インターバル制度の周知や導入に関する数値目標等が盛り込まれるなど、長時間労働対策の強化が喫緊の課題となっています。
 このため、北海道労働局では、「過労死等防止啓発月間」の一環として「過重労働解消キャンペーン」を11月に実施し、長時間労働の削減等の過重労働解消に向けた取組を推進するため、使用者団体・労働組合への協力要請、リーフレットの配布などによる周知・啓発等の取組を集中的に実施します。

実施期間 平成30年11月1日(木)から11月30日(金)までの1か月間

 【報道発表資料】

  1. 「過重労働解消キャンペーン」を11月に実施します。
  2. 「ベストプラクティス企業」を北海道労働局長が訪問します。
  3. 「ベストプラクティス企業」を北海道労働局長が訪問しました。≪11月14日発表≫
  4. 無料の電話相談「過重労働解消相談ダイヤル」を実施します。
  5. 長時間労働削減をはじめとする「働き方改革」に向けた取組を要請します。≪11月14日発表≫
  6. 「過労死等防止対策推進シンポジウム」を開催します(11月22日)。≪11月14日発表≫


≪過重労働解消キャンペーン特設ページ≫

リーフレット(PDFファイル)

 

●「過労死等防止対策推進シンポジウム」のご案内



シンポジウムの詳細、申込みは次のホームページをご覧ください。
https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/

その他関連情報

情報配信サービス

〒060-8566 北海道札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎3・8・9F

Copyright(c)2000-2014 Hokkaido Labor Bureau.All rights reserved.