〈妊娠→産休→育休〉特集コーナー【指導課】

産休&育休のスケジュール表(記入用)

「(いろんな情報があふれているのに)いったい自分の産休&育休がいつからなのかよくわからない」という声が多かったので、自分自身の具体的な予定を書き込んで使える「産休・育休スケジュール表(記入用)(神奈川労働局オリジナル)」を作成しました。
下の「産前・産後休業期間一覧表」で調べた日にちを書き込んで、母子手帳にはさんでおくなどして、ご活用ください。

 

≪全体版≫
産休・育休のスケジュール表.GIF
 
≪使用方法≫

(1)左の画像をクリックして「産休・育休のスケジュール表(記入用)」を印刷

(2)下の「産前・産後休業期間一覧表」をクリック

(3)具体的な日にちを調べて、記入

 

産後休業に引き続き育児休業を取得する場合、育児休業の開始日は「産後終了日」の翌日となります。
「産前開始日」は出産予定日、「産後終了日」は実際の出産日により決まります。
育児休業を取得する場合は、育児休業開始日の1ヶ月前までに会社に書面で申し出てください。
 

【妊娠→産休→育休→復職】紛争解決事例集

事例集≪全体版≫
事例集.gif
 
事例集≪ケース別≫

働く女性の母性健康管理のためのQ&A

不育症でお悩みの方を含め、母性健康管理措置についてのQ&Aです。

母性健康管理指導事項連絡カード

母性健康管理指導事項連絡カードは、医師等からの指導事項の内容を事業主へ的確に伝えるためのカードです。
令和3年7月1日から様式が新しくなりました。

(1) 女性労働者は健康診査等を受診します。
(2) 医師等から通勤緩和や休業などの指導を受けた場合には、医師等にカードに必要事項を記入してもらいます。
(3) 女性労働者は、カードの「指導事項を守るための措置申請書」欄に必要事項を記入した上で、事業主に提出し、必要な措置を申し出ます。
(4) 女性労働者からカードが提出された場合、事業主はカードの記載内容に応じた適切な措置を講じる必要があります。

不妊治療と仕事の両立

神奈川労働局 雇用環境・均等部 指導課
TEL045-211-7380
〒231-8434
横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎13階

その他関連情報

〒231-8434横浜市中区北仲通5-57
横浜第二合同庁舎8・13階(本庁舎)
〒231-0015横浜市中区尾上町5-77-2
馬車道ウエストビル2・3・5・9階(分庁舎)

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.