安全・衛生

★お知らせ★

【注意喚起】

【研修・セミナー、技能講習・教育等のご案内】

【労働災害発生状況】

【全国安全週間】

令和3年度全国安全週間「島根労働局長メッセージ」ほか関係資料についてNEW

【全国労働衛生週間】

【安全衛生表彰】

【安全衛生活動に取り組む事業場の皆様へ】

【島根労働局安全衛生労使専門家会議】

★労働災害防止対策 より広く学ばれる方は職場の安全サイトをご覧ください。★

【転倒災害防止対策】

転倒は最も多い労働災害で島根では令和元年の休業4日以上の労働災害の1/4にあたる177人もの方が被災しました。単に転んだだけと考えがちですが、約6割にあたる101人もの方が1か月以上の休業を余儀なくされています。

【高年齢労働者の安全と健康確保対策 ~エイジフレンドリーガイドライン~】

 近年、島根県内の労働災害による休業4日以上の死傷者数のうち、60歳以上の労働者の占める割合は増加傾向にあり、平成28年以降全体の3割を超え、相対的に高くなっています。
 このような状況を踏まえ、厚生労働省では、高年齢労働者の労働災害防止を目的として、「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」を開催し、就業状況、労働災害発生状況、健康・体力の状況に関する調査分析を実施するとともに、事業者及び労働者に求められる事項や国、関係団体等による支援について検討し、令和2年1月17日に報告書を公表しました。
 これを踏まえ、今般新たに、「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」(通称:エイジフレンドリーガイドライン)を策定し、事業者及び労働者に求められる事項等をとりまとめました。
 また、島根労働局において、高年齢労働者の労働災害について、以下の分析を作成しました。
事業場における安全衛生活動等にご活用ください。
   

【建設業】

墜落・転落災害が多発しており、全体の約4割を占めています。発生原因の多くは、はしご、脚立、屋根、梁等であり、半数を占めています。はしご、脚立を使用する場合は、墜落防止用の保護帽を着用しましょう。墜落制止用器具(安全帯)は着用だけでは命は守れません。必ずフックをかける設備を設けましょう。

【製造業】

機械にはさまれ・巻き込まれる災害が多発しています。機械の掃除や調整などの際は、機械を確実に止めるとともに、他の作業者が誤って作動させないための表示をしましょう。

【林業】

社会福祉施設と小売業での労働災害が増加しています

【道路貨物運送業】

墜落・転落災害が約3割発生しており、そのうち約7割がトラック等の荷台からのものとなっています。 荷台からの昇降時には、ステップ等を使用して、安全に昇降しましょう。

★産業保健と労働衛生 「しまね働く人と職場の健康づくり応援サイト」(島根県リンク)もご覧ください。★

【助成金のご案内】

【治療と仕事の両立支援】(厚生労働省HP)

【化学物質対策】(厚生労働省HP)

【受動喫煙防止対策】(厚生労働省HP)

★厚生労働省HPリンク★

その他関連情報

情報配信サービス

〒690-0841 島根県松江市向島町134番10松江地方合同庁舎5F

Copyright(c)2000-2011 Shimane Labor Bureau.All rights reserved.