ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局についてよくあるご質問
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 法令・制度 > 労働衛生関係 > 廃棄物焼却施設解体工事に係る計画の届出について

廃棄物焼却施設解体工事に係る計画の届出について


廃棄物焼却施設における焼却炉等の運転、点検等作業又は解体作業に従事する労働者のダイオキシン類によるばく露防止対策を図るため、平成13年4月25日、労働安全衛生規則の一部を改正する省令が公布され、一部のものを除いて、平成13年6月1日から施行されています。
今回の改正で規定された事項のひとつであります廃棄物焼却施設解体工事に係る計画の届出については、平成13年8月1日以降に工事を開始するものについて届出が義務付けられています。
計画の届出の対象は、ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第1第5号に掲げる廃棄物焼却炉(火格子面積が2平方メートル以上又は焼却能力が1時間あたり200キログラム以上のものに限る。)を有する廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物焼却炉、集じん機等の解体等となっており、事業者は、工事開始の日の14日前までに所轄労働基準監督署長に届出を行なわなければならないことになっています。
届出に係る添付書類等は下記のとおりですので、工事計画の段階にて解体工事に係る労働者のダイオキシン類によるばく露防止対策を徹底され、届出について、お忘れのないようお願いいたします。


 
 ic_h5.gif 1.  建設工事計画届(様式第21号)(23KB; Excelファイル)
 
ic_h5.gif 2.

 廃棄物焼却施設解体工事計画届出概要書(別添)(73KB; Wordファイル)

ic_h5.gif 3.

 社内審査書

 ic_h5.gif 4.

 添付書類 
   
 A.

仕事を行う場所の周囲の状況及び四隣との関係を示す図面
   B. 解体等をしようとする廃棄物焼却施設等の概要を示す図面
   C. 解体作業を行う廃棄物焼却施設、建設物の概要を示す図面(平面図、立面図、 焼却炉本体、煙道設備、除じん設備、排煙冷却設備、洗煙設備、排水処理設備、廃熱ボイラー等の概要を示すもの。)
   D. 工事用の機械、設備、建設物等の配置を示す図面
   E. 工法の概要を示す書面又は図面
   F. 労働災害を防止するための方法及び設備の概要を示す書面又は図面
 
 a.

ダイオキシン類ばく露を防止するための方法及び設備の概要を示す書面又は図面(除去処理工法、作業の概要、除去後の汚染物管理計画、使用する保護具及びその保護具その保護具の区分を決定した根拠等)
   b. 統括安全衛生管理体制を示す書面
   c. 特別教育等の労働衛生教育の実施計画  
   d. 解体作業対象施設における事前の空気中ダイオキシン類濃度測定結果
   e. 解体作業対象施設における事前の汚染物のサンプリング調査結果
   f. 解体作業中の空気中ダイオキシン類濃度測定計画

ic_h5.gif 5.

 工程表
 
【 問い合わせ先 】
大阪労働局労働基準部 健康課
電話 : 06-6949-6500

 
このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.