両立支援等助成金 育児休業等支援コース「新型コロナウイルス感染症対応特例」のご案内

※個人申請ができる新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金は、令和3年3月31日で終了しています(申請期限は令和3年6月30日まで)


<リーフレットはこちら>


※留意事項
①事業主単位での支給申請となり、個人申請は出来ません。
②小学校等の休業等により有給の休暇が取得できる旨の制度を規定化(就業規則又は労働協約)する必要があります。
※通常の有給休暇とは別に制度化する必要があります。
③小学校等が臨時休業等した場合でも勤務できる両立支援の仕組みとして、テレワーク勤務や短時間勤務制度、フレックスタイム制度、時差出勤制度、ベビーシッター費用補助制度等を社内周知する必要があります。
④雇用保険被保険者である労働者一人につき②により定めた特別有給休暇を4時間以上取得した場合に助成対象となります(1人当たり5万円 ※令和4年3月31日までで、1事業主につき10人まで(上限50万円))
 
詳しくは厚生労働省ホームページをご参照ください。

<参考>
 ▷ 支給要領(PDF
 ▷ 申請書様式(Excel   PDF   記載例
 ▷ 両立支援制度周知文例(PowerPoint   PDF
 ▷ 特別有給休暇規定例(Word   PDF
 
<よくあるご質問>
厚生労働省ホームページ両立支援等助成金育児休業等支援コース「新型コロナウイルス感染症対応特例」Q&A


<申請及び問い合わせ先>
北海道労働局 雇用環境・均等部企画課
TEL:011-788-7874
〒060-8566
北海道札幌市北区北8条西2丁目1番地1 札幌第1合同庁舎9階

※現在、この制度に関する問い合わせが大変多くなっております。
    折り返しでご対応させていただく場合がございます。


 

その他関連情報

情報配信サービス

〒060-8566 北海道札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎3・6・8・9F

Copyright(c)2000-2014 Hokkaido Labor Bureau.All rights reserved.