本来の「安全」との矛盾

これまでの災害防止と本来あるべき「安全」とが、矛盾する点を挙げてみましょう。

 

(1) 主観的であること

「安心」は主観的要素が強く、「安全」は客観性が必要と述べました。しかし、安全パトロール、ヒヤリハット報告、KY活動、改善提案などは、いずれも、提案者らの意志が強く作用しやすく、主観的になりがちです。「自分はここが問題だと思う」といった偏りや、「こんなことを報告したら叱られる」、「改善案のない問題点は挙げづらい」などの考えにより、取捨選択が起こりやすいということです。

 

(2) 散発的であること

国際的な「安全」の定義は、『許容できないリスクがないこと』です。「ない」ことを証明するのは難しいのですが、つまみ食いのように調べて「ない」では、説得力に欠けます。少なくとも問題点をひととおり、順序立てて調べた上で「ない」とすべきでしょう。
一方、これまでの災害防止は、目に付いた順、気づいた順に行われていたと言わざるを得ません。いつまでも指摘されない問題がある一方で、似たような問題点が繰り返し指摘されるのは、その証拠です。パトロール回数を増やし、あるいは提案の件数を増やしても、根本的な解決にはならないでしょう。問題点を散発的でなく、順序立てて調べる方法が必要です。

 

(3) 「度合い」の概念がないこと

「解決されない問題点があってはならない」、「改善の結果リスクが残ってはならない」といった考えが、わが国には根強くあります。言い換えれば、全ての「危険」を取り去らなければならないという考え方です。しかし、少々極端過ぎないでしょうか?実際には、技術的に解決できない問題や、完全に取り去ることができない危なさもあります。むしろ、危なさを完全に取り去ることの方が難しく、現実離れしていると言えます。
 この世の物事は、「危険」と「安全」に、はっきり分けられるものではなく、ほとんどがその中間にあります。「危険」寄りであるか、「安全」寄りであるか、突き詰めれば「度合い」の差に過ぎません。
 対策を講じても、危なさを完全に取り去ることはできないことを認識した上で、可能な範囲で危なさの「度合い」を下げ、その「度合い」を見定めて、どこで手を打つか考えるというのが現実的なとらえ方でしょう。

 

←これまでの災害防止          リスクアセスメントとこれからの「安全」→

ハローワークサービス憲章image002.gif愛知わかものハローワークバナー愛知新卒応援ハローワークバナー ユースエール認定制度バナー.pngハローワーク平日夜間開庁・土曜日開庁の変更のお知らせ現場のあんぜんサイト石綿関連疾患のご遺族の皆様へのお願い雇用促進税制パンフ様式中小企業を経営されている方へ建設分野人材2.png多様な人材活用で輝く企業応援サイト職業紹介事業者等の業務情報の提供あいちワークライフ.pngパワハラバナーホットラインバナー.bmp労働法バナー.pngあいち雇用助成室バナー.jpgBANNER_250_80.jpg安全課バナーサンプル.jpg 11無題.bmp  実践型地域雇用創造事業無題.jpgjob_card.jpg

愛知労働局 

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第2号館2階)

Copyright(c)2000-2011 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.