これまでの災害防止

09.png目立つ危険にだけ目を向ける

 

 安全パトロール、ヒヤリハット報告、KY活動、改善提案などは、いずれも、多くの企業で成果を上げている、ポピュラーな災害防止の手法です。しかしそれらの活動には、次のような疑問点があります。

 

 

安全パトロールは、見回る人の主観によって内容が偏りやすい。

●ヒヤリハット報告やKY活動では、「こんなことを報告したら叱られる」といった意志が働きやすく、問題点が隠されることがある。

●どの手法も、人の「気づき」に頼っている。誰も気づかなければ、大きな問題点も見過ごされることがある。

 

 事故が起きた後ではじめて、問題点が明らかになるのは、よくある話しです。何年も安全活動を続けているのに、問題点が未然に指摘されないのは、なぜでしょうか?一方、マンネリ化と言われるように、似たような問題点が繰り返し指摘されるのはなぜでしょうか?

 

 

10.pngなくせない危険から目をそらす


 安全関係の提案をするとき、問題点に対し、改善前、改善後の写真を並べて配置し、成果が分かるように掲示する取組をしている企業が多いと思います。改善の成果が上がることは間違いありませんが、次のような疑問点もあります。

 

 

●手軽に改善でき、写真で示しやすい事案の提案が増える一方、大掛かりで改善が難しい事案は、提案されづらくなる。例えば、費用のかかる設備改善や、工場レイアウトの見直しなどは、なかなか提案されない。
●成果を示さねばならないので、改善後「残留リスクゼロ」など、過大評価するケースが増える。改善後もリスクが残っているとは報告しづらい。 

 

 これらの背景には、問題点を挙げるからには、責任を持って案を示し、改善完了させねばならず、さらには、改善の結果は完全であるべきで、リスクが残ってはならない、といった考えがあるようです。しかし、技術的に解決できない問題や、危なさを完全に取り去ることができない問題もあるのではないでしょうか?

 

 以上のことを念頭に、「安全」の考え方を見直してみませんか?

 

 

←安全と安心               本来の「安全」との矛盾→ 

 

ハローワークサービス憲章image002.gif愛知わかものハローワークバナー愛知新卒応援ハローワークバナー ユースエール認定制度バナー.pngハローワーク平日夜間開庁・土曜日開庁の変更のお知らせ現場のあんぜんサイト石綿関連疾患のご遺族の皆様へのお願い雇用促進税制パンフ様式中小企業を経営されている方へ建設分野人材2.png多様な人材活用で輝く企業応援サイト職業紹介事業者等の業務情報の提供あいちワークライフ.pngパワハラバナーホットラインバナー.bmp労働法バナー.pngあいち雇用助成室バナー.jpgBANNER_250_80.jpg安全課バナーサンプル.jpg 11無題.bmp  実践型地域雇用創造事業無題.jpgjob_card.jpg

愛知労働局 

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第2号館2階)

Copyright(c)2000-2011 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.