安全と安心

01.png仲間がいるから安全?

いざ事故が起きたときに、頼れる仲間がいれば「安心」です。しかし、仲間がいても事故の確率は下がりませんし、「安全」になるわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 保険に入れば安全?03.png

 保険に入れば、いざという時の経済的な不安がなくなり「安心」です。しかし、保険に加入しても事故の確率は下がりませんし、「安全」になるわけではありません。

 

 

 

 

 

05.png鎖をつければ安心?

 猛犬を鎖でつなげば、放し飼いをしている時より、ずっと「安全」です。しかし、鎖で「安心」できる人もいれば、犬が苦手で、オリに入れなければ「安心」できない人もいます。「安全」になっても、誰もが「安心」できるとは限りません。

 

 

 

 

 

「安全」と「安心」の違い

 「安全」の目的が、事故防止だとすれば、「安心」の目的は、心を安らがせることです。心の持ちようは人それぞれであり、保険を例に取ってみても、基本的なプランで満足する人もいれば、様々なオプションを付けなければ不安な人もいます。「安心」は主観的なもので、どうすれば「安心」できるかも人によって違うということです。

 一方、「安全」は、もう少し客観性が必要です。例えば、「俺は平気」とか、「気をつければ大丈夫」といったことを根拠に「安全」を主張されても、多くの人は納得しません。猛犬を鎖でつないだ状態のように、客観的に見て事故の確率等が低減されている必要があるでしょう。

 「安全」を考えるためにはもうひとつ、事故の確率等がどの程度低減されているかといった「度合い」の問題がありますが、これについては、後ほど触れることとします。ここではまず、「安全」は客観性が必要で、「安心」は主観的要素が強いと覚えておいてください。

 なお、国際的には、「安全」を『許容できないリスクがないこと』(ISO/IECガイド51:2014)と定義しています。この定義についても順に説明していきます。

 

 

                         これまでの災害防止→ 

ハローワークサービス憲章image002.gif愛知わかものハローワークバナー愛知新卒応援ハローワークバナー ユースエール認定制度バナー.pngハローワーク平日夜間開庁・土曜日開庁の変更のお知らせ現場のあんぜんサイト石綿関連疾患のご遺族の皆様へのお願い雇用促進税制パンフ様式中小企業を経営されている方へ建設分野人材2.png多様な人材活用で輝く企業応援サイト職業紹介事業者等の業務情報の提供あいちワークライフ.pngパワハラバナーホットラインバナー.bmp労働法バナー.pngあいち雇用助成室バナー.jpgBANNER_250_80.jpg安全課バナーサンプル.jpg 11無題.bmp  実践型地域雇用創造事業無題.jpgjob_card.jpg

愛知労働局 

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第2号館2階)

Copyright(c)2000-2011 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.