「事業場における治療と仕事の両立支援」について【健康課】

労働安全衛生法に基づく一般健康診断では、脳・心臓疾患につながるリスクのある血圧や血中脂質等の有所見率が平成27年は53.6%に上っています。
また、職業生活の中で強い不安や悩み、ストレスを抱えている労働者の割合は6割を超え、精神障害による労災補償請求や業務上認定の決定件数も増加しているなど、メンタルヘルス不調のみならず、何らかの疾病のリスクを抱える労働者は年々、増加傾向にあります。
近年は健康経営やワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティの推進という観点から、疾病・障害を抱える労働者の就業確保・促進に向けた企業内の取組、疾病を抱える労働者の治療と仕事の両立への対応が重要になって います。

こうした中、厚生労働省は、「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン(平成31年3月改訂)」を公表し、その周知を行っています。
本コーナーでは、地方自治体など、事業場における治療と仕事の両立支援の取組を既に進めている機関・団体を紹介します。
 

神奈川労働局 労働基準部
 安全課 Tel 045-211-7352
 健康課 Tel 045-211-7353
〒231-8434
横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎8階

その他関連情報

〒231-8434横浜市中区北仲通5-57
横浜第二合同庁舎8・13階(本庁舎)
〒231-0015横浜市中区尾上町5-77-2
馬車道ウエストビル2・3・5・9階(分庁舎)

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.