雇用均等室  
幼児を育てながら働き続けるために
 
幼児を育てながら働き続けるために
   
勤務時間短縮等の措置

 3歳に満たない子を育てる労働者については、勤務時間の短縮等の措置(1日の所定労働時間を短縮する制度、フレックスタイム制、始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ、所定外労働をさせない制度などのいずれかの措置)を講じなければならないことになっています。会社の規定がどのようになっているのか確認しましょう。

子の看護休暇

 小学校の入学前の子を養育する労働者は、会社に申し出ることにより、年次有給休暇とは別に1年に5日まで病気やけがをした子の看護のために休暇を取得することができます。(有給か無給かは会社の定めによります。)

時間外労働、深夜業の制限

 小学校入学前の子を養育する一定の労働者から請求があった場合には、1ヶ月24時間、1年150時間を超える時間外労働をさせてはならないことになっています。また、深夜(午後10時から午前5時まで)において労働させてはならないことになっています。

⇒育児介護休業関係の詳細はこちらへ

このページのトップに戻る

屋田バナー.gifジョブ・カード心の耳労災保険指定医療機関名簿 アスベスト(石綿)情報 

kyuujin2014718.bmp 中小企業を経営されている方へ2015jyoseikinbaner.pngkikaku-6.png障害者雇用に係る税制上の優遇措置東日本大震災関連情報teate2017516.gif

千葉労働局 〒260-8612 千葉市中央区中央4丁目11番1号 千葉第2地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Chiba Labor Bureau.All rights reserved.