雇用均等室  
育児休業を取るときは
 
育児休業を取るときは
   
育児休業制度とは
 

 1歳に満たない子を養育する労働者は、男女を問わず、希望する期間子どもを養育するために休業することができます。

 子が1歳になる日まで両親のどちらかが育児休業をしていて。保育所に申し込みをしたけれども入所できないなど一定の場合には、1歳6ヶ月に達するまでを限度として、会社に申し出ることにより、育児休業ができます。

育児休業を取ることができる人は
 

 正社員だけではなく、契約期間の定めのある労働者であっても、一定の要件を満たしていれば育児休業を取ることができます。

妻が専業主婦や産後休業中であっても、少なくとも産後8週間までは、男性労働者も育児休業を取得することができます。

 休業取得を申し出た時点において、次の1、2のいずれにも該当する期間、雇用者は育児休業を取得することができます。

  1. 同一事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること。
  2. 子が1歳に達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれること(子が1歳に達する日から1年を経過する日までに労働契約が満了し、更新されないことが明らかなものを除く)
育児休業を取るための手続き
 

 会社の規定を確認し、育児休業を取得する場合は、遅くとも休業開始1ヶ月前までに会社に育児休業申出書を提出しましょう。規定がない場合でも育児・介護休業法によって請求ができます。1歳から1歳6ヶ月までの育児休業については、休業開始予定日から希望どおりに休業するには、その2週間前までに申し出て下さい。

⇒育児介護休業関係の詳細はこちらへ

このページのトップに戻る

屋田バナー.gifジョブ・カード心の耳労災保険指定医療機関名簿 アスベスト(石綿)情報 

kyuujin2014718.bmp 中小企業を経営されている方へ2015jyoseikinbaner.pngkikaku-6.png障害者雇用に係る税制上の優遇措置東日本大震災関連情報teate2017516.gif

千葉労働局 〒260-8612 千葉市中央区中央4丁目11番1号 千葉第2地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Chiba Labor Bureau.All rights reserved.