愛知労働局 転倒予防体操

   愛知労働局 転倒予防体操に関する同意事項(注意事項)
 
- 転倒予防体操の実施前にご確認ください -
 
  1  愛知労働局転倒予防体操(以下、体操と言います。)の内容
   
ご自身の体重を利用してスクワットとヒールレイズ(つま先立ち)を行うもので、ゆっくりした動きで反動は付けません。
脚の筋力低下防止を目指し、片脚へかかる体重の比率を変化させて行います。
 
  2  予測される体操のリスク
   

片脚に体重が偏るため、バランスを崩し転倒する。
 
    筋力低下防止を目的とし、体重を掛けることから、筋肉や膝、腱などを痛める。
 
  3  留意事項
   

体操の内容は、体操を行う方がご自分で事前に確認し、ケガや痛みなどのおそれが考えられる方や脚が太くなるなどの脚の筋力補強を望まない方は行わないでください。
 
    風邪や発熱など、体調の悪い場合は無理をしないでください。
 
    血圧の高い方、心臓の弱い方、また、他の理由で治療を受けている方、薬を服用されている方、医師に運動を制限されている方は本体操の実施について医師と相談してください。
 
    妊娠中の方は本体操の実施について医師と相談してください。
 
    体操実施中に身体の痛みや違和感があった方は自己判断で体操を即刻中止し、再度体操を行う場合は医師と相談してください。
 
    上記①、②、③、④、⑤などで体操を行わないとした方に対し、事業場として体操を行うことを勧めず、また、体操を行わないことで不利益が無いよう十分な配慮を行ってください。
 
    本体操は、呼吸を止めないで、ゆっくり行い、反動をつけないでください。
 
    体操は身体を傾けないようにして、特に体重が掛かっている脚側に身体を傾けないでください。
 
    体操の実施に際し、バランスを補助するために椅子などを使用する場合は、椅子などが倒れないよう、安定したものを使用してください。
 
    体操の実施の際は、ヒールの高い靴を避け、運動し易い靴を着用してください。
 
    体操をするときは、人の迷惑にならない場所で行ってください。
 
    この動画及び動画の内容を商用または営利目的で利用することは禁止します。
 
    この動画をダウンロードして利用する方は「愛知労働局転倒予防体操に関する同意事項(注意事項)」を必ず体操実施者に周知してください。

 
 

上記「愛知労働局 転倒予防体操に関する同意事項(注意事項)」を確認し、同意した場合は「同意する」ボタンをクリックしてください。
 





 

 
日常的な災害とどう向き合うか     論理的な安全衛生管理の推進・定着トップ

その他関連情報

情報配信サービス

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第二号館)

Copyright(c)2000 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.