フォトレポート一覧

令和4年6月

令和4年6月21日(火) 公共工事発注機関研修会を開催しました(長野労働基準監督署)
公共工事発注機関研修会を開催しました(長野労働基準監督署)  
 
   
 長野県現地機関及び市町村の担当部局を対象とした「公共工事発注機関研修会」を初めて開催し、発注者としての責務をはじめ、死亡災害事例等に基づく労働災害防止対策、施工者の適正な労務管理及び請負契約等について説明しました。
 研修会で配付した主な資料は、以下のとおりです。
 ① STOP!!  重機災害リーフレット
 ② STOP!熱中症クールワークキャンペーンリーフレット
 ③ 実態として労働者である方にかかる特別加入団体等向け周知リーフレット
 
令和4年6月1日(水) JR長野駅 善光寺口ペデストリアンデッキ に令和4年度労働保険年度更新期間周知のための横断幕を掲出しました
 
 
   
 令和4年度労働保険年度更新期間は6月1日(水)から7月11日(月)までです。申告と納付はお早めに。
 

令和4年5月

令和4年5月31日(金) 6月の「全国安全週間準備期間」に当たり、安全旗の掲揚を行い、災害防止を強く呼びかけました
 長野労働局および長野労働基準監督署では、労働災害が多発する中、” 労災による死亡者を、悲しみをゼロに ”を合言葉に労働災害防止対策を一層推進するため、6月1日から6月30日までの「全国安全週間準備期間」(注:全国安全週間は7月1日~7日)の開始にあたり、労働災害撲滅の想いを込め、安全運動の象徴である「安全旗」の掲揚を行いました。
 安全旗の掲揚は、「令和4年度全国安全週間実施要綱」9(3)に基づき各事業場が行うものとされており、今般、県内の安全機運の一層の向上を目的として本週間の主唱者自らも行うものです。安全旗を労働基準部長が掲揚し、長野労働局労働基準部幹部及び長野労働基準監督署安全衛生職員による安全唱和を行い、労働災害撲滅の想いを込めました。
         
【 安全旗掲揚 】   【 安全唱和 】    
     
【 労働災害撲滅の願いを込め、風になびく安全旗 】    
     
         
 
令和4年5月13日(金) 重機等による死亡災害の多発を受け、一斉の直接緊急要請を行いました
 平成28年以降4年間発生していなかった車両系建設機械等による死亡災害が昨年以降相次いで発生し、令和3年は2名、4年は既に3名の尊い命が失われています。
 長野労働局では、これを受けて、建設業に関連する団体を中心とした県内52団体に対して5月13日に小野寺喜一労働局長から緊急要請を行いました。
 特に主要12団体に対しては、長野労働局庁舎において直接要請書を手交・配布し、小野寺喜一労働局長自ら死亡災害防止の徹底を要請し、これを受けて建設業労働災害防止協会長野県支部の木下修支部長から要請を受けての決意表明の挨拶をいただきました。
 また、紀伊洋一労働基準部長から重機等災害防止対策について資料等を基に説明し、災害防止対策の徹底を図るよう求めました。
 要請内容については、重機等災害防止特設ページのとおり。
         
【 要請書交付 】   【 局長による要請趣旨説明 】    
     
【 決意表明 】   【 労働基準部長
重機等災害防止対策説明 】
   
     
         

令和4年4月

令和4年4月1日(金) 長野県最低賃金周知のための横断幕を掲出しました
 
 
   
 JR長野駅 善光寺口ペデストリアンデッキ に長野県最低賃金周知のための横断幕を掲出しました。
 今後も「雇う人の最低賃金の遵守」「働く人は最低賃金確認」を柱に周知啓発に努めていきます。

その他関連情報

情報配信サービス

〒380-8572 長野市中御所1-22-1

Copyrightc Nagano Labor Bureau.All rights reserved.