▶ サイトマップ  
 ▶ お問い合わせ  

 

 
 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について

紛争調整委員会によるあっせん

  紛争当事者の間に労働問題の専門家が入り、双方の主張の要点を確かめ、調整を行い、話し合いを促進することにより、
 紛争の解決を図ります。(利用は無料です。
    裁判に比べ手続きが迅速かつ簡便です。労働問題の専門家である弁護士、社会保険労務士が紛争調整委員を担当します。
 あっせんの手続きは非公開であり、紛争当事者のプライバシ―は保護されます。
    あっせん実施後、紛争当事者双方があっせん案を受諾又はその他の合意の成立の際は紛争の迅速な解決になります。
    あっせんに不参加の場合、合意を得られなかった場合は打ち切りになり、他の紛争解決機関の説明・紹介になります。
     
     あっせんのメリットと手続きの流れ
    あっせん申請をされる方へ
    あっせんにご参加ください。


        あっせん申請書WORD : 60.3KB    PDF : 77.8KB)



 
     ※申請に当たっては、お名前、申請内容を被申請人(相手側)にお伝えすることになります。
     ※被申請人が申請人の要望に応じないなど紛争状態(トラブル)になっていることが前提です。
     ※労働関係法令に係る法違反(賃金、解雇予告手当、残業代不払い等)については、あっせんすることはできません。
   
     あっせん申請書WORD : 60.3KB    PDF : 77.8KB)
 
※制度の対象となる紛争
● 解雇、雇止め、労働条件の不利益変更などの労働条件に関する紛争
● いじめ・嫌がらせなどの職場環境に関する紛争
   パワハラについては、「あかるい職場応援団をご参考ください。
● 退職に伴う研修費用の返還、営業車など会社所有物の破損についての損害賠償を
  めぐる紛争
● 会社分割による労働契約の承継、同業他社への就業禁止など労働契約に関する紛争
● 募集・採用に関する紛争(※あっせんは除きます。
※制度の対象とならない紛争
● 労働組合と事業主の間の紛争や労働者と労働者の間の紛争
● 裁判で係争中である、または確定判決が出ているなど、他の制度において取り扱われて  いる紛争
● 労働組合と事業主との間で問題として取り上げられており、両者の間で自主的な解決を
 図るべく話し合いが進められている紛争など
 

          
       
       【あっせんにより解決した事例】
                                                                   
                                                                                                                                                      このページのトップに戻る
図11.png

PositiveAction

厚労省HP用.jpg

ハローワークの求人と違う!お申し出はこちら

あかるい職場応援団

働き方・休み方改善ポータルサイト

123.png

イクメンプロジェクト

 btn_portal.png

中小企業を経営されている方へ

 

熊本労働局 〒860-8514 熊本市西区春日2-10-1 熊本地方合同庁舎A棟9階

Copyright(c)2000-2011 Kumamoto Labor Bureau.All rights reserved.