石綿(アスベスト)健康被害救済法に基づく一般拠出金の徴収制度について【労働保険徴収課】

石綿健康被害救済法に基づき、平成19年4月1日から石綿健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が始まっています。
また、平成26年4月1日から一般拠出金率が変更となります。
 

(1) 対象 労災保険適用事業主の全事業主が対象です。
(2)納付方法 労働保険料と併せて申告・納付します。
※分納はできません。 
※労働保険料の全期又は一期分と一緒に納付します。
(3)料率 一般拠出金率は1000分の0.05です(平成26年度より1000分の0.02となります)。
(4)算定方法 労災保険にかかる算定基礎額に料率を乗じます。
※ 算定基礎額× 0.05(0.02) =  一般拠出金額(小数点以下は切り捨て)

(継続事業)労災保険にかかる確定賃金総額 (算定基礎額) に料率を乗じます。
(有期事業・一括有期事業)平成19年4月1日以降に工事が開始され、年度末までに終了した事業(工事)にかかる賃金総額に料率を乗じます。

【リーフレット】
リーフレット「2007年(平成19年)4月1日から石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が始まります」



 

神奈川労働局 総務部 労働保険徴収課
Tel 045-650-2802
〒231-0015
横浜市中区尾上町5-77-2 馬車道ウェストビル9階

その他関連情報

〒231-8434横浜市中区北仲通5-57
横浜第二合同庁舎8・13階(本庁舎)
〒231-0015横浜市中区尾上町5-77-2
馬車道ウエストビル2・3・5・9階(分庁舎)

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.