logo.png

 
ニュース&トピックス 各種法令・制度・手続き 事例・統計情報 窓口案内 労働局について
ホーム > 報道発表資料 > 平成19年度 神奈川労働局報道発表 > 平成19年度全国安全週間に向け県内12地区で推進大会を開催
 

関連リンク

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

 

平成19年度全国安全週間に向け県内12地区で推進大会を開催



 神奈川労働局 労働基準部 安全課
 安 全 課 長       奥 野 正 和
 課 長 補 佐       炭 竈 徹 夫
  電   話       045-211-7352

神奈川労働局報道発表(平成19年5月25日)
 

 平成19年度全国安全週間地区推進大会の開催について

 全国安全週間は、昭和3年に初めて実施されて以来、「人命尊重」という崇高な基本理念の下、「産業界に
おける自主的な労働災害防止活動を推進するとともに、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図る
こと」を目的に、一度も中断することなく続けられ、本年で80回目を迎える。

 
 平成19年度の全国安全週間は、「組織で進めるリスクの低減 今一度確認しよう安全職場」 のスローガンのもと、別添1の実施要綱に基づき、7月1日から7月7日までを本週間とし、6月1日から6月30日までを準備期間として実施される。

 神奈川県内における本年の労働災害は、死亡災害は前年同期と同数、死傷災害は前年同期を5.0%上回るペースで発生している。

 
県内の各労働基準監督署の管轄地区においては、全国安全週間の準備期間中、県下の労働災害防止団体等との共催等により、別添2のとおり全国安全週間地区推進大会を開催し、企業をはじめ関係各界における安全意識の高揚と安全活動の着実な実行を呼びかけることとしている。

【参考】

 

平成19年

平成18年

死亡災害(5月24日現在)

17人

17人

休業4日以上の死傷災害(4月30日現在)

1588人

1513人

  神奈川働き方改革  無期転換ルール.bmp  全国の最低賃金  セーフワーク  こころの耳

 

   公表制度.png  ユースエールバナー.png  ハローワークの求人票と違う!お申し出はこちら  雇用均等関係  障害者雇用④.jpg

神奈川労働局 雇用環境・均等部 企画課 Tel 045-211-7357

〒231-8434 横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎13階

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.


神奈川労働局 雇用環境・均等部 企画課
〒231-8434 横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎 13階
Tel 045-211-7357