~すべての人がいきいきと働くかながわを目指して~令和3年度神奈川労働局行政運営方針を策定しました

照会先

神奈川労働局 雇用環境・均等部 企画課
課  長 哘崎 雅夫
課長補佐 児玉 満
(電話)045(211)7357

 神奈川労働局(局長 川口 達三)は、別添の「令和3年度神奈川労働局行政運営方針」を策定しました。
 令和3年度においては、以下の方針を踏まえ、神奈川労働局と県内の労働基準監督署・ハローワークが一体となって、地域のニーズに即した効果的・効率的な行政運営に取り組んでまいります。

1 令和3年度神奈川労働局の重点施策
(1)ウィズ・ポストコロナ時代の雇用機会の確保
○雇用の維持・継続に向けた支援
○ハローワークの職業紹介業務の充実・強化について
○就職氷河期世代活躍支援プランの推進
○医療、介護、福祉、保育等分野への就職支援
○新規学校卒業者、フリーター、生活困窮者等への就職支援
○高齢者の就労・社会参加の促進
○女性活躍・男性の育児休業取得の推進
○障害者の就労促進
○外国人に対する支援
○派遣労働者の雇用の安定等
○「雇用対策協定」による地方公共団体との連携

(2)ウィズコロナ時代に対応した労働環境の整備、生産性向上の推進
○「新たな日常」の下で柔軟な働き方がしやすい環境整備
○ウィズコロナ時代に安全で健康に働くことができる職場づくり
○最低賃金、賃金引上げに向けた生産性向上等の推進、同一労働同一賃金など雇用形態に関わらない公正な待遇の確保
○総合的なハラスメント対策の推進
○治療と仕事の両立支援の促進

2 地方労働行政の展開に当たり留意すべき基本的事項
○計画的・効率的な行政運営
○地域に密着した行政の展開
○行政文書及び保有個人情報の厳正な管理及び情報公開制度・個人情報保護制度への適切な対応
○綱紀の保持、行政サービスの向上等

別添資料1「令和3年度神奈川労働局行政運営方針」

別添資料2「令和3年度神奈川労働局の重点施策」

その他関連情報

〒231-8434横浜市中区北仲通5-57
横浜第二合同庁舎8・13階(本庁舎)
〒231-0015横浜市中区尾上町5-77-2
馬車道ウエストビル2・3・5・9階(分庁舎)

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.