次世代法に基づく認定企業名公表について



● くるみん認定制度について

 
 平成19年4月から次世代育成支援対策推進法第13条に基づく認定申請の受付を行っています。
 認定とは、行動計画を策定・実施し、一定の要件を満たす場合には労働局長に「次世代育成支援対策に取り組んでいる子育てサポート企業」として認定される仕組です。
 認定を受けると、次世代認定マーク(愛称「くるみん」)を求人広告、自社の商品などにつけることができます。
 認定を受けるためには、行動計画を策定し、その旨を労働局に届け出、その計画で設定した目標を達成し、一定の基準を満たす場合、労働局に申請を行うことになります。
 認定を希望される事業主の皆様には個別に相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合せください。

⇒ 愛知労働局管内の認定企業一覧はこちら

 

● プラチナくるみん認定(特例認定)制度について


 平成26年4月1日付けで次世代法が改正・公布され、これまでの認定制度に加えて、プラチナくるみん認定(特例認定)制度が創設されました。
 現行の認定を受け「くるみんマーク」を取得した事業主のうち特に次世代育成支援の実施状況が優良な企業に対して設けられた制度となります。

⇒ 愛知労働局管内の特例認定企業一覧はこちら

 
次世代育成支援対策推進法に基づく取組みの詳細はこちらからご覧いただけます。


※くるみんマークの☆は、認定回数となります。また、プラチナくるみんマークのマントの色は12色から選ぶことができます。





この記事に関するお問い合わせ先
雇用環境・均等部 指導課 電話 052-857-0312

その他関連情報

情報配信サービス

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第二号館)

Copyright(c)2000 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.