「職場における学び・学び直し」のため「ガイドライン」を活用してみませんか

 企業・労働者を取り巻く環境が急速かつ広範に変化し、労働者の職業人生の長期化も同時に進行する中で、労働者の学び・学び直しの必要性が益々高まっています。変化の時代においては、労働者の「自律的・主体的かつ継続的な学び・学び直し」が重要であり、学び・学び直しにおける「労使の協働」が必要となります。このような背景を踏まえて、厚生労働省において、「職場における学び・学び直し促進ガイドライン」が策定されました。
 
 
 「職場における学び・学び直し促進ガイドライン」では、職場における人材開発(「人への投資」)の抜本的な強化を図るため、基本的な考え方や、労使が取り組むべき事項、公的な支援策等が体系的に示されています。

 特に、別添2の「職場における学び・学び直し促進ガイドライン 別冊」では、「企業向け」、「労働者向け」に整理された、公的な支援策へ「QRコード」から簡単にアクセス可能ですのでぜひ、ご活用ください。
 

別添1 職場における学び・学び直し促進ガイドライン[PDF形式:964KB]
 

別添2 職場における学び・学び直し促進ガイドライン 別冊[PDF形式:4.5MB]
 

参考資料 職場における学び・学び直し促進ガイドライン(概要)[PDF形式:884KB]

 

◆ この記事に関するお問い合わせ先

     徳島労働局職業安定部訓練室(徳島市徳島町城内6-6 徳島地方合同庁舎4階)
        (電話)088-652-9145



 

その他関連情報

情報配信サービス

〒770-0851 徳島市徳島町城内6番地6 徳島地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Tokushima Labor Bureau.All rights reserved.