熱中症対策

 

 4月に入って全国各地で真夏日や夏日が観測されているところです。
 「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」の準備期間である4月も終盤となり、5月からいよいよキャンペーン期間に入ります。
 これからゴールデンウィークを迎えますが、期間中の気温も平年並みか高くなりそうですので、熱中症による災害をなくすため、熱中症の初期症状の把握から緊急時対応までの体制整備、暑熱順化(※)が不足している者の把握、WBGT値(暑さ指数)の実測と結果を踏まえた対策の実施等を確実に実施しましょう。
 また、環境省では4月27日から「熱中症警戒アラート」の運用が開始されます(10月26日まで)。これは、WBGT値(暑さ指数)が33以上になることが予想される地域に前もって出される警報です。熱中症予防対策のひとつとして積極的に活用しましょう。
 
<※暑熱順化について>
 「熱に慣れ当該環境に適応すること」を「暑熱順化」と言います。熱中症予防には暑くなる前の「暑さ慣れ」が重要です。
 暑熱順化が無い状態のまま暑い環境で作業してしまうと熱中症のリスクが高まってしまいますので十分注意しましょう。


    


  ▷ 令和3年 静岡県内の熱中症による死傷災害発生状況 [PDF:184KB]


   令和4年 「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」 [PDF:529KB]


  ▷ 多言語リーフレット(PDF)
                 ポルトガル語スペイン語日本語英語インドネシア語クメール語(カンボジア語)
       モンゴル語ミャンマー語ネパール語タガログ語タイ語ベトナム語中国語(簡体字)

 
   熱中症ポータルサイト


  ▷ 熱中症警戒アラート(環境省)
      
                                    

 

その他関連情報

〒420-8639 静岡市葵区追手町9番50号 静岡地方合同庁舎 3階、5階

Copyright(c)2000-2011 Shizuoka Labor Bureau.All rights reserved.