第94回全国安全週間の実施について


 
 全国安全週間は、昭和3年から毎年実施され、今年で94回を迎えます。

 本週間は、「人命尊重」という基本理念の下、「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」を目的としています。

 本年も7月1日から7月7日(準備期間6月1日から6月30日)に実施します。

 今年のスローガンは
 

持続可能な安全管理 未来へつなぐ安全職場
 
 です。
 
 安全文化を醸成するため、各事業場では以下の事項をはじめとする取組みの実施をお願いします。また、実施にあたっては、マスクの着用、手指消毒、いわゆる「3つの密」を避けるようにする等、新型コロナウイルス感染症に対する基本的な感染防止対策を徹底しつつ、各自治体等の要請や業界団体が作成する「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン」等に従ってください。

〇年間を通じた安全衛生計画の策定等の安全衛生管理体制の確立

〇雇い入れ時教育の徹底や階層別の安全衛生教育実施といった、安全衛生教育計画の樹立と効果的な安全衛生教育の実施等

〇職場巡視や4S活動(整理、整頓、清掃、清潔)、KY(危険予知)活動等の日常的な安全活動の充実活性化等の自主的な安全衛生活動の促進

〇リスクアセスメントの実施及びその結果に基づく措置の推進

〇各業種の特性に応じた労働災害防止対策

〇高齢者や外国人労働者等が安心して安全に働ける職場環境を形成するための労働災害防止対策

〇転倒による労働災害を減らす取組み(STOP!転倒災害プロジェクト)。

〇災害事例、交通安全情報マップ等を活用した交通安全意識の啓発等の交通労働災害防止対策

〇熱中症予防のため、こまめな休憩、水分補給を行うといった作業計画の策定やWBGT値(暑さ指数)の把握とその結果に基づく適正な作業管理等の取組み(STOP!熱中症 クールワークキャンペーン)。


詳細な事項については下記をご覧ください。
    令和3年度全国安全週間実施要綱[PDF:315KB]
 
大臣メッセージ(全国安全週間)
厚生労働大臣からのビデオメッセージ(Youtube)



【参考】
  職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理に関する参考資料一覧(厚生労働省HP)
  各種安全衛生対策の推進について(林業・建設業・第三次産業)
  高年齢者労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(概要版)[PDF:1MB]
  STOP!転倒災害プロジェクト
  STOP!熱中症クールワークキャンペーン
 

【この記事のお問い合わせ先】 岡山労働局労働基準部健康安全課 086-225-2013



 

その他関連情報

情報配信サービス

〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.