石綿関連情報

石綿健康管理手帳制度

● 石綿健康管理手帳とは
 石綿業務に従事されていた方については、肺がんや中皮腫などの健康被害が生じるおそれがあり、これらの疾病は、石綿を吸い込んでから発症までの期間が非常に長く、離職後に発症することが多いため、健康管理手帳制度が設けられています。
 離職後に石綿の健康管理手帳の交付を受けると、指定された医療機関で決まった時期に、健康診断を6か月に1回、無料で受けることができます。
 健康管理手帳の対象者は、過去に石綿業務に従事し、その後、転職又は退職し、現在は石綿業務から離れている方が対象となります。

 ● 対象となる業務
 石綿(これを重量の0.1%を超えて含有する製剤その他の物を含む。)の製造又は取扱いの業務(直接業務)及びそれらに伴い石綿の粉じんを発散する場所における業務(周辺業務)が対象です。直接業務の代表例としては、以下のような作業があります。
車両・船舶内の区切られた空間において石綿を取り扱う作業
石綿の吹付け作業
石綿製品が被覆材又は建材として用いられている建物等の解体作業
石綿製品の製造工程における作業
 周辺業務とは、石綿の製造又は取扱い業務(直接業務)が行われる場所において、石綿を取り扱わない作業に従事し、石綿の粉じんにばく露したおそれがある方が対象となります。

● 健康管理手帳の交付要件
 次のいずれかの要件に該当する場合、申請により健康管理手帳が交付されます。
  • (1)両肺野に石綿による不整形陰影があり、又は石綿による胸膜肥厚(プラーク)があること。
  直接業務及び周辺業務が対象
  • (2)下記の作業に1年以上従事していた方(ただし、初めて石綿の粉じんにばく露した日から10年以上経過していること。)
  直接業務のみが対象)
石綿の製造作業
石綿が使用されている保温材、耐火被覆材等の張付け、補修もしくは除去の作業
石綿の吹付けの作業又は石綿が吹き付けられた建築物、工作物等の解体、破砕等の作業
  • (3)(2)の作業以外の石綿を取り扱う作業に10年以上従事していた方。
  直接業務のみが対象)

● 申請先
 離職・退職の際には、事業場の所在地を管轄する都道府県労働局へ、離職・退職の後は、申請者の住所地の都道府県労働局へ申請してください。

● 申請に必要な書類
①  健康管理手帳交付申請書(様式第7号(第53条関係))(19KB; MS-Wordファイル) 
②  従事歴申告書(健康管理手帳交付申請書添付用)(様式第1号)(19KB; MS-Wordファイル)
③  従事歴証明書(事業者記載用)(石綿)(様式第3号)(19KB; MS-Wordファイル)
上記③の事業者の証明書が得られない場合
④  従事歴申立書(本人記載用)(石綿)(様式第5号)(19KB; MS-Wordファイル)
⑤  従事歴証明書(同僚記載用)(石綿)(様式第7号)(2名以上)(19KB; MS-Wordファイル)
上記③、⑤の事業者の証明及び同僚の証明書が得られない場合
⑥  社会保険の被保険者記録、給与明細、雇用保険に係る証明書
両肺野に石綿による不整形陰影があり、又は石綿による胸膜肥厚(プラーク)があることに該当する場合
⑦  胸部エックス線写真、特殊なエックス線撮影による写真(胸部CT写真)
⑧  不整形陰影又は胸膜肥厚(プラーク)の陰影がある旨の記述のある医師による診断書の原本(同様の記載のある石綿健康診断個人票の写し又はじん肺健康診断結果証明書の写しでも可。)
  
● 健康管理手帳について不明な点は、長野労働局健康安全課(TEL:026-223-0554)へお問い合わせください。      

労災補償制度

石綿健康障害防止対策

雇用労働分野のアスベスト(石綿)情報

その他関連情報

情報配信サービス

〒380-8572 長野市中御所1-22-1

Copyrightc Nagano Labor Bureau.All rights reserved.