治療と仕事の両立支援について

 近年、高齢化の進展等により、労働安全衛生法に基づく一般健康診断の結果、異常所見が認められる方が5割を超えるなど、健康上何らかの問題や疾病を抱えながら働く労働者が増加する傾向にあります。  一方で、診断技術や治療方法の進歩により、疾病を抱えていても離職や休職をせずに治療を受けながら仕事を続けられる可能性が高まってきており、例えば、がんの治療のため、仕事を持ちながら通院している方は32.5万人に上るという推計もあります。
 しかしながら、疾病を抱える方の中には、仕事上の理由で適切な治療を受けることができなかったり、治療と仕事を両立することが困難になったり、離職を余儀なくされたりする事例も見られます。また、多くの企業が疾病を抱えた従業員の対応に苦慮しているという現状もあります。
 そこで、厚生労働省では、疾病を抱える労働者が治療と職業生活を両立できるように、事業場で必要となる支援の取組方法をまとめたガイドラインを作成しました。
 また、企業と医療機関の連携マニュアル等も作成しましたので、ぜひご活用用ください。

 

鹿児島労働局では、平成29年7月31日に「鹿児島県地域両立支援推進チーム」を立ち上げ、第1回目の会議を開催しました。

関係機関リンク(抜粋)

このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館三井生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.