第13次労働災害防止計画を策定しました

第13次労働災害防止計画について

 鹿児島労働局は、2018年度を初年度として、今後、5年間にわたり当局が重点的に取り組む事項を定めた新たな「労働災害防止計画」(局版の第13次労働災害防止計画)を策定しました。

 

 局版の第13次労働災害防止計画では、これからの5年間の目標を、「労働災害による死亡者数を2017年と比較して各年25%以上減少させること」、「労働災害による休業4日以上の死傷者の数を2017年と比較して2022年までに各年1%、5年間で5%以上減少させること」と設定し、事業者及び労働者をはじめとする関係者はもちろん、行政、労働災害防止団体、業界団体等の連携・協働、さらには発注者等による取組強化等により、目標達成に向けた積極的な労働災害防止対策を講じていくこととしています。

(参考)第12次労働災害防止計画の推進結果について

  鹿児島労働局の第12次労働災害防止計画について、2017年までの死亡者数や死傷者数の結果が出ました。結果の業種別の詳細な数値についてそれぞれ以下をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 099-223-8279

このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館三井生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.