令和3年度 労働保険年度更新について

   労働保険は、4月1日から翌年の3月31日までの1年間(保険年度)を単位として、毎年、更新手続きを行います。
これを「年度更新」といいます。

   労働保険料は、すべての労働者(雇用保険については、被保険者)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定し、保険年度の当初に概算(見込み)保険料を納付し、保険年度の末日を経過後に確定精算します。

 

 

○ 令和3年度の労働保険年度更新では、 

                 令和2年度(前年度)の確定保険料

                 令和3年度(新年度)の概算保険料 

                                算定し申告書を作成の上、申告・納付します。

 

○ この年度更新の手続きは、

                 毎年 6月1日 から 7月10日 まで(令和3年度は7月12日まで)

                                            の期間に行っていただくことになっています。

 

○ 労働保険年度更新申告書は、保険関係を成立(加入)されている事業主6月1日までに到着するよう発送されます。

 

   

○ 労働保険年度更新関係様式の一部は、ダウンロードができます。

 

    ・ 労働保険関係様式集

 

○ 労働保険の申告は、石川労働局、労働基準監督署の窓口または郵送での提出にて手続きしてください。

   また、申告時期に合わせて、各地域で集合受付会場を設置しますので、お近くの会場をご利用ください。
  

    ・ 集合受付日程表(PDF)
  

   なお、申告書と同時に保険料を納付する場合には、

                  日本銀行の本店・支店、代理店、歳入代理店

                (全国の銀行・信用金庫の本店・支店、郵便局)  でも申告書の受取りをしています。

  ※口座振替納付を行う場合、申告書は金融機関で受付できませんので、労働局または管轄の労働基準監督署にご提出ください。

  ※労働保険事務組合に事務委託されている事業場については、委託先事務組合に確認してください。

 

○ 労働保険年度更新の電子申請・電子納付については、こちらをご覧ください。

 

    ・ e-Gov電子政府の総合窓口https://www.e-gov.go.jp/

 

 

  不明な点は、石川労働局 労働保険徴収室 又は最寄りの 労働基準監督署 にお問い合わせください。

 

 

労働保険申告書の記入について

○ 労働保険年度更新申告書の書き方
 書き方パンフレット厚生労働省ホームページ
 

 ◇継続事業用編◇                     ◇一括有期事業(建設の事業)用編◇

    

 

○ 年度更新申告書計算支援ツール厚生労働省ホームページ

 

○ 記入等でわからない場合

  年度更新の手続き等について、コールセンターを開設しています。

      電話番号:0800-555-6780 (フリーダイヤル)
   (開設期間 令和3年5月31日(月)から7月16日(金)まで)
   

          ※ IP電話・携帯電話・自動車電話・PHSからもご利用になれます。(無料)
              ただし、IP電話については、契約内容によって利用できない場合もありますのでご了承ください。
          ※ 受付時間は月曜日~金曜日の 9時 から 17時 までです。(祝日を除く。)

 

 

労働保険関係手続の電子申請について

○ 労働保険に関する申請や届出について、書面での手続ではなく、「電子申請」を使うことで、インターネットを経由してカンタン・便利に手続ができます。(厚生労働省ホームページ

 

 

年度更新業務の外部委託について

○ 厚生労働省では年度更新業務の一部について民間業者に外部委託することとしておりますので、ご理解をいただきますようお願いします。(厚生労働省ホームページ



 

 
 
 
 
 
 

    厚労省人事労務マガジン   職業訓練案内HP用バナー.jpg     プレゼンテーション2.jpg   労災レセプト電算処理システム.png

banner_bnr_e-Gov.png      

       

 

 

 

石川労働局 〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎5階・6階

Copyright(c)2000-2011 Ishikawa Labor Bureau.All rights reserved.)