厚生労働省 石川労働局

> サイトマップ > お問い合わせ> よくあるご質問  調べたい語句を入力して下さい→
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
このページのトップに戻る
【労働保険の加入手続きについて】

労働保険とはこのような制度です。

 労働保険とは労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます。)と雇用保険とを総称した言葉であり、保険給付は両保険制度で個別に行なわれていますが、保険料の徴収等については、両保険は労働保険として、原則的に、一体のものとして取り扱われています。
 労働保険は、農林水産の事業の一部を除き、労働者を一人でも雇っていれば、その事業主は加入手続を行い、労働保険料を納付しなければならないことになっています。

労災保険とは、 労働者が業務上の事由又は通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に被災労働者や遺族を保護するため必要な保険給付を行なうものです。また、労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

雇用保険とは、

労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行なうものです。また、失業の予防、労働者の能力開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

労働保険の加入手続

保険関係成立届、概算保険料申告書の提出先等

(1)保険関係成立届(成立した日から10日以内)
       ⇒労働基準監督署(管轄区域)

(2)概算保険料申告書及び保険料の納付(保険関係成立の日から50日以内)
(いずれかに) 労働基準監督署(事業を行っているところ)
⇒石川労働局
⇒日本銀行(代理店、歳入代理店でも可)
⇒郵便局

注)1.
2.

通常、(1)の手続を行った後又は同時に(2)の手続を行います。
雇用保険の手続を行うため、この他に「雇用保険適用事業所設置届」及び「雇用保険被保険者資格取得届」を公共職業安定所に提出を必要とします。

 *「事業主のみなさまへ 労働保険の成立手続はおすみですか(パンフレット)」          【英語版はこちらから】   【中国語版はこちらから】

    厚労省人事労務マガジン   職業訓練案内HP用バナー.jpg     プレゼンテーション2.jpg   労災レセプト電算処理システム.pngbanner_bnr_e-Gov.png 

       

 

石川労働局 〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎5階・6階

Copyright(c)2000-2011 Ishikawa Labor Bureau.All rights reserved.