画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス > 2009年度 > 平成20年度における育児・介護休業法の施行状況等について
ニュース&トピックス

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

■ 平成20年度における育児・介護休業法の施行状況等について


担当

愛媛労働局雇用均等室
電話 089-935-5222




昨年10月以降の育児休業の相談件数が大幅にアップ!

~平成20年度における育児・介護休業法の施行状況等について~



1 相談の状況(資料1・2)


 平成20年度の育児・介護休業法に関する相談は496件であり、前年度(380件)に比べ約30%増加した(図1)。内訳は育児休業等に関するものが360件(72.6%)、介護休業等に関するものが136件であり、育児休業等は平成19年度に比べ38%増加し、特に10月以降の相談は対前年比71%増となっている(図2)。
 相談者は、いずれも事業主が多く、法律内容や規定整備に関するものが大半を占めている(図3・図4)。
 育児休業等については、内容別には「育児休業」に関する相談が最も多く158件(43.9%)となっている(図5)。労働者からの相談内容では、「育児休業」に関することが40件(58.8%)、ついで「勤務時間の短縮等の措置」に関することが13件(19.1%)となっている。「休業の申し出や取得に対する不利益取扱」に関する相談も9件(13.2%)寄せられている(図6)。




2 事業所に対する行政指導の状況(資料1)

 平成20年度は県内の160事業所に対して育児・介護休業法第56条に基づく報告徴収を行い、育児・介護休業法上何らかの問題があった148事業所に対し、734件の助言を行った。
 助言内容は、育児に関することが405件(55.2%)、介護に関することが329件で、97%の事業所で是正・改善されている(表1)。




3 今後の対応

 雇用失業情勢が厳しさを増す中、今年度後半にかけても育児休業等を理由とする解雇・退職勧奨等不利益取扱の増加が懸念されることから、引き続き相談や改正育児・介護休業法に基づき新たに創設された紛争解決の援助(平成21年9月30日施行)の申立てに迅速に対応するとともに、法違反や育児・介護休業規定の未整備を把握した場合には、事業所等指導により適切に対応することとしている。



資料1 相談状況は、こちらをご覧下さい。
資料2 相談事例は、こちらをご覧下さい。

このページのトップに戻る

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジェクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.