「配偶者手当」の在り方について

     

 女性の就業が進むなど社会の実情が大きく変化している中で、配偶者の収入要件がある「配偶者手当」については、税制・社会保障制度とともに、女性パートタイム労働者の就業調整の要因となっていると指摘されています。
 税制・社会保障制度については、配偶者控除等の見直しや被用者保険の適用拡大などの制度改正※1が行われており、配偶者の収入要件がある「配偶者手当」についても、配偶者の働き方に中立的な制度となるよう見直しを進めることが望まれます。
 各企業におかれましては、労使において「配偶者手当」の在り方の検討を行っていただくため、厚生労働省において取りまとめた「配偶者手当の在り方の検討に関し考慮すべき事項」※2の趣旨をご理解の上、企業の実情も踏まえて労使で真摯な話合いを進めていただくようお願い申し上げます。

 ※1 税制・社会保障制度の制度改正について【PDF】
 ※2 「配偶者手当の在り方の検討に関し考慮すべき事項」について【PDF】
 
 働き方改革応援レシピ
 

 パンフレット「配偶者手当」の在り方について【PDF】
 詳細については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

 
 この記事に関する問い合わせ
 愛知労働局雇用環境・均等部指導課  TEL052-857-0312

その他関連情報

情報配信サービス

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第二号館)

Copyright(c)2000 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.