「溶接ヒューム」及び「塩基性酸化マンガン」が特定化学物質(第2類)になりました 

リーフレット等

「溶接ヒューム」及び「塩基性酸化マンガン」が、労働者に神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあることが明らかになったため、特定化学物質(第2類物質)に加えられる等の改正が行われました。令和3年4月1日から改正法令が順次施行されます。


■ 愛知局作成リーフレット 

  ▶  『2022 年 3 月 31 日までに   空気中の溶接ヒューム濃度の測定等を行いましょう。』  
    (令和3年2月・262KB; PDFファイル)

  ▶  『「溶接ヒューム」及び「塩基性酸化マンガン」が特定化学物質(第2類)になりました 』 
    
(令和3年2月・23KB; PDFファイル)


■ 厚生労働省本省作成リーフレット 

  ▶ 金属アーク溶接等作業を継続して屋内作業場で行う皆さまへ  (令和3年2月・748KB; PDFファイル)

  ▶ 屋外作業場等において金属アーク溶接等作業を行う皆さまへ  (令和3年2月・464KB; PDFファイル)

  ▶ 金属アーク溶接等作業以外で塩基性酸化マンガンを取り扱う皆さまへ  (令和3年2月・460KB; PDFファイル)

関係通達等

その他関連情報

情報配信サービス

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第二号館)

Copyright(c)2000 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.