歯科健康診断結果報告の改正について

労働者数にかかわらず歯科健康診断の報告が必要になります。

概要
  労働安全衛生法第66条第3項に基づき、有害な業務に従事する労働者に対しては、歯科健康診断を行うことが必要です。
  法令改正により、歯科健康診断を行った事業者は、労働者数にかかわらず、遅滞なく歯科健康診断結果報告書を所轄労働基準監督署長に提出することが必要になります。
  現行の定期健康診断結果報告書(安衛則様式第6号)から、歯科健康診断に係る記載欄を削除し、新たに「有害な業務に係る歯科健康診断結果報
告書(様式第6号の2)」が作成されるなど、所要の改正が行われます。
  施行時期は、令和4年10月1日の予定です。
   
  有害な業務
労働安全衛生法施行令(昭和47年政令第318号)第22条第3項において、「塩酸、硝酸、硫酸、亜硫酸、弗化水素、黄りんその他歯又はその支持組織に有害な物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務」と規定されています。
   
詳細
  労働安全衛生規則の一部を改正する省令の施行について
(令和4年4月28日 基発0428第1号 [ PDF - 366KB ])
  労働安全衛生規則の一部を改正する省令 
(令和4年厚生労働省令第83号 [ PDF - 296KB ])

その他関連情報

情報配信サービス

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第二号館)

Copyright(c)2000 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.