新型コロナウイルス感染症に係る妊娠中の女性労働者への配慮について


 
①事業主のみなさまへ
    男女雇用機会均等法に基づく指針を改正し、
妊娠中の女性労働者の新型コロナウイルス感染症に関する
  母性健康管理措置を新たに規定しました。

   改正の内容
        妊娠中の女性労働者が、主治医から、新型コロナウイルス感染のおそれに関する心理的ストレスが
     母体又は胎児の健康保持に影響があると指導を受けた場合、事業主は休業や作業制限など必要な
     措置を講じなければなりません。

   適用期間
        令和2年5月7日(木)~令和3年1月31日(日)まで

    【リーフレット】新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について(PDF:366KB)

       厚生労働省ホームページ
       職場における妊娠中の女性労働者等への配慮について


②労働者のみなさまへ
  主治医から指導を受けた場合は、事業主への申し出に「母性健康管理指導事項連絡カード(母健カード)」をご活用ください。
  ・
【リーフレット】新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について(PDF:366KB)
  ・母性健康管理指導事項連絡カード(PDF:73KB)
  ・記入上の留意事項(主治医等に記載を求める際にご利用ください) (PDF:529KB)

     働く妊婦の方へ「母性健康管理措置等に係る特別相談窓口」を開設しました
(PDF:529KB)
  ・開設期間 令和2年10月1日(木)~令和3年1月29日(金) (土・日・祝日・年末年始を除く)
      ・受付期間 8時30分~17時15分
  ・相談窓口及び連絡先 東京労働局 雇用環境・均等部 指導課 電話 03-3512-1611
  *お電話でご相談ください。匿名でも大丈夫です。


③ 助成金について
  
「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金 」を創設しました
     

その他関連情報

情報配信サービス

〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.