3.育児休業等支援コース

【お知らせ】(2021/9/30)
新型コロナウイルス感染症の影響による小学校等の臨時休業等により、子どもの世話をする労働者が特別な休暇を取得できる取組を行い、特別休暇の利用者が出た場合の「小学校休業等対応助成金」の申請受付を開始しました。(令和3年8月1日以降の休暇取得分が対象です。)

 →詳細はこちら

※育児休業等支援コース(新型コロナウイルス感染症特例)についても、令和3年7月1日~9月30日までの取得分が対象となりますが、同一労働者が8月1日~9月30日の期間に取得した休暇について、「小学校休業等対応助成金」との併給はできませんので、申請の際はご注意ください。


●概要

育児休業の円滑な取得・職場復帰のため取組を行った事業主に対して助成金を支給。
 A.育休取得時 
  育休復帰支援プランを作成し、プランに基づき育児休業を取得させた場合
 
B.職場復帰時
   「A.育休取得時」の対象労働者の同一の育児休業について職場復帰させた場合
 ※「B.職場復帰時」は、「A.育休取得時」を受給した事業主のみが申請可能です。 

 C.代替要員確保時
 育児休業取得者の代替要員を確保し、かつ育児休業取得者を原職等に復帰させた場合

 D.職場復帰後支援
 育児休業取得者の育児休業から復帰後、仕事と育児の両立が特に困難な時期にある労働 
者の支援に取り組んだ場合

 E.新型コロナウイルス感染症対応特例 NEW
   (※令和3年9月30日までの取得分及び令和4年1月1日から同年3月31日までの取得分が対象。対象労働者が同一期間に取得した休暇について小学校休業等対応助成金との併給不可)





新型コロナウイルス感染症の影響による小学校等の臨時休業等により、子どもの世話をする労働者が特別な休暇を取得できる取組を行い、特別休暇の利用者が出た場合
 
A~Dはいずれも中小企業のみ支給対象となります。
(Eは大企業も支給対象となります)

 
2021年度の変更点
〇新型コロナウイルス感染症の影響による小学校等の臨時休業等により、子どもの世話をする労働者が特別な休暇を取得できる取組を行う事業主を支援するため、両立支援等助成金(育児休業等支援コース)に「新型コロナウイルス感染症対応特例」を創設しました。
 
○職場復帰時(職場支援加算)
  業務代替者の1か月ごとの所定外労働時間7時間未満の要件を廃止しました。

 ●支給要領
両立支援等助成金(育児休業等支援コース)支給要領はこちら
両立支援等助成金(育児休業等支援コース)Q&Aはこちら
※育児休業等支援コース(新型コロナウイルス感染症対応特例)Q&Aはこちらのページ
で随時更新しています
 
提出書類一覧
A.育休取得時
B.職場復帰時
C.代替要員確保時
D.職場復帰後支援
  ・子の看護休暇
  ・保育サービス費用補助
 E.新型コロナウイルス感染症対応特例
 
●支給申請書
申請様式等はこちらのページに掲載しています
※なお上記のほかに、支給要件の確認のため、必要に応じて追加で書類を求める場合があります。

 
問い合わせ
 
 雇用環境・均等部 企画課(助成金係)
 
 ※ただいま、お問い合わせの電話を多くいただいており、助成金担当者につながりにくい
事象が発生しております。ご迷惑おかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
担当者が対応できない場合は、しばらくお待ちいただいてからおかけ直しください。
また、お問い合わせの前にリーフレット、支給要領やQ&Aをご確認いただき、ご質問内容等を明確にした上でご連絡いただきますようお願い申し上げます。


TEL 03-6893-1100(受付時間9時00分~17時00分)
        ※申請など相談は受付時間に余裕をもってお越しください
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.