製造業及び機械設備による災害対策

 長野県における製造業の労働災害は全産業の約3割を占めています。
  その内、事故の型では「はさまれ・巻き込まれ」災害が最も多く約3割を占めています。
  これらの災害要因は、危険部分の露出等の危険個所があったり、機械操作中にとっさに手を入れる等危険行動を原因とするものが多く、機械の運転停止を省略するなど安全作業手順無視の実態がみられます。

 

対策
製造業の現場では、多岐にわたる機械設備が使用されており、「はさまれ・巻き込まれ」の災害が最も多いことから、その防止対策を最重点として推進を図ること。
災害事例から重点災害をパターン化し、再発防止対策を洗い出し、未然防止の実践と活動などを柱にリスク(危険性)の低減を図る仕組みを構築することを目標にするなど創意工夫のもとに推進すること。


1.機械設備の共通対策
  機械の本質的安全化対策
  機械の包括的な安全基準の周知、リスク低減の取組み等の促進
  食品加工用機械、金属加工用機械、木工加工用機械等に対する機械災害に対し、災害原因の分析結果を踏まえた重点的な対策の徹底
    (ア)  各種技術指針及びガイドライン等による機械設備の安全対策の徹底
    (イ)  「はさまれ・巻き込まれ災害」防止の機械設備の段階的安全対策の徹底
  作業行動災害防止のため「機械運転中の作業の安全化」を基本とした安全作業標準等の徹底
  機械設備安全性の優先確保の徹底
(経営環境の悪化等いかなる状況下においても、安全水準の維持を徹底)

2.木材加工用機械対策
  木材加工用機械の安全装置の使用徹底、自動化の促進
  丸のこ盤ガイドライン等(携帯用丸のこ盤含む)の普及・定着
  木材加工用機械災害防止対策推進運動の効果的実施促進
    □ 木材加工用機械災害防止総合対策


3.プレス機械対策
  本質安全化の促進
  足踏み操作式ポジティブクラッチ式プレスを両手押しボタン操作式切り換えのガイドライン等の周知徹底
    □ プレス災害防止総合対策
    □ プレス機械の安全装置管理指針の概要


4.ボイラー、クレーン、荷役運搬機械等対策
  移動式クレーン・フォークリフト等の転落・転倒災害防止の徹底
  ボイラー、クレーン等(小規模を含む)の災害防止対策の周知及び安全教育の促進
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒380-8572 長野市中御所1-22-1

Copyrightc Nagano Labor Bureau.All rights reserved.