ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 働き方改革関係 > 特別な休暇制度(特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度)について

特別な休暇制度(特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度)について

 働く方々の個々の事情に対応するためには、休暇の目的や取得形態を任意で設定できる特別な休暇制度を設け、働く方々各人の健康と生活に配慮した労働時間等の設定を行うことも有効です。
 特別な休暇制度(特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度)とは、年次有給休暇等とは別に、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休暇など、働く方々の個々の事情に対応しつつ、事業場等において労使による話し合いで設定される法定外の休暇です。

イラスト

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室 TEL : 099-223-8239

このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.