■最低賃金額以上となっているかを、どうやってチェックするのですか?

実際の賃金が最低賃金額以上となっているかどうかを調べるには、最低賃金の対象となる賃金額と適用される最低賃金額を次の方法で比較します。

 
 愛媛県で働く労働者Aさんは
 
 ● 年間所定労働日数250日
 ● 月給135,000
 ● 所定労働時間は毎日8時間
 で働いています。
 
 ■愛媛県最低賃金は、1時間821です。
       ↓
 1.月給制の場合は、次のような計算式を用いて比較します。
 
(月給額 × 12か月) ÷ (年間総所定労働時間) ≧ 最低賃金額
 
 2.Aさんの場合、1.の計算式に当てはめると、
 
(月給:135,000円 × 12か月) ÷ 
   (年間所定労働日数:250日 × 8時間) = 
810円 < 最低賃金額:1時間821
 
 したがって、この場合は最低賃金法に違反することになります。
 
このページの記事に関するお問い合わせ
愛媛労働局 労働基準部 賃金室
 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階 電話089-935-5205
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.