フォトレポート一覧

過去のフォトレポート 令和3年度 令和2年度 令和元年度

令和4年12月

      

令和4年12月21日
令和4年度 山梨労働局 年末年始無災害運動 山梨労働局長建設現場パトロールを実施しました

 山梨労働局では、年末年始における労働災害防止対策の取組の一つとして、広く周知徹底を図ること及び建設業における労働災害防止を目的に、建設現場に対する安全パトロールを実施しました。

令和4年11月

      

令和4年11月21日
令和4年度 第1回 山梨県小売業・介護施設SAFE協議会を開催しました

 第3次産業のうち、特に「小売業」と「介護施設」において増加傾向が続いている、転倒・腰痛等の職場における労働者の作業行動を起因とする労働災害(行動災害)について歯止めをかけることを目的として、山梨労働局では、県内のリーディングカンパニー、業界団体、地方公共団体等を構成員とする協議会を新たに設置し、このたび「第1回 山梨県小売業・介護施設SAFE協議会」を開催しました。

令和4年11月17日
山梨労働局長がベストプラクティス企業(長時間労働の削減に向けて積極的に取り組んでいる企業)を訪問しました

 山梨労働局では「過重労働解消キャンペーン」期間中に、長時間労働の削減等に積極的に取り組んでいる企業(ベストプラクティス企業)を労働局長が訪問して取組事例を紹介し、県民の皆様に過労死等防止の重要性を認識していただくとともに、関心と理解を深めていただくことを目指しています。
 令和4年度は、三栄精工株式会社を訪問させていただきました。

令和4年9月

      

令和4年9月28日
労働時間削減について山梨県建設業協会と懇談会を開催しました

 山梨労働局労働基準部監督課では、令和6年4月から時間外・休日労働の上限規制が適用される建設業の労働時間削減に関して、山梨県建設業協会と懇談会を開催しました。
 懇談会においては、同協会が会員に実施した労働時間に関するアンケート結果に基づいて、屋外作業である建設業では天候に左右される特有の事情があることや労働時間削減のためには発注者の協力が必要であることなどの意見・要望が出されました。

令和4年9月8日
山梨県最低賃金は1時間898円に~山梨地方最低賃金審議会が答申~

 山梨労働局長(生方 勝)(写真左)は、山梨県最低賃金の改正決定の審議を行ってきた山梨地方最低賃金審議会(会長 反田 一富:弁護士)(写真右)から、同審議会が令和4年8月23日に答申した意見(1時間898円に改正)の異議申出の取扱いについて、「8月23日付け答申どおり決定することが適当である。」と答申を受けました。

令和4年8月

      

令和4年8月23日
山梨県最低賃金は32円の引上げ ~山梨地方最低賃金審議会が答申~

 山梨地方最低賃金審議会(会長 反田一富:弁護士)(写真右)は、山梨労働局長(生方 勝)(写真左)に対して、「山梨県最低賃金」を32円引上げて、時間額898円に改正するのが適当であるとの答申を行いました。

令和4年6月

      

令和4年6月1日
「令和5年3月新規学校卒業者の採用について」経済団体への要請を行いました

 

 山梨労働局、山梨県、山梨県教育委員会では、一人でも多くの来春新規学校卒業者が円滑な就職活動を行い希望する職業に就けることができ、求人企業の人材確保にも繋がるよう、学生・生徒が希望する職種や労働条件の確保及び将来を見据えた的確な採用計画に基づいた早期求人提出について、山梨労働局長、山梨県知事、山梨県教育長の三者連名による要請書を、山梨県経営者協会、山梨県商工会議所連合会、山梨県商工会連合会、山梨県中小企業団体中央会を訪問のうえ手渡しました。

その他関連情報

情報配信サービス

〒400-8577 甲府市丸の内1丁目1番11号

Copyright(c)2000-2011 Yamanashi Labor Bureau.All rights reserved.