フォトレポート一覧

令和元年度11月


 山梨労働局長(藤本達夫、写真右側)は、11月28日、時間外労働時間の削減等働き方改革に取り組んで成果を収めた、学校法人峡南学園峡南幼稚園を訪問しました。

  山梨労働局では「過重労働解消キャンペーン」期間中に、長時間労働の削減等に積極的に取り組んでいる企業(ベストプラクティス企業)を労働局長が訪問して取組事例を紹介し、県民の皆様に過労死等防止の重要性を認識していただくとともに、関心と理解を深めていただくことを目指しています。

    
 山梨労働局(局長 藤本 達夫)は、次世代育成支援対策推進法に基づく認定(くるみん認定)企業として、地場産業であるワイン製造業の株式会社ルミエール(笛吹市)を認定しました。
  株式会社ルミエールは、次世代育成支援対策推進法に基づく取組の努力義務企業ですが、一般事業主行動計画を策定し、従業員の子育て等の両立支援に積極的に取り組みました。
 

令和元年度7月

 山梨労働局(局長 藤本 達夫)は、次世代育成支援対策推進法に基づく認定(くるみん認定)企業として、社会福祉法人明清会(富士吉田市)、株式会社ワンアンドオンリー(昭和町)を認定しました。

その他関連情報

情報配信サービス

〒400-8577 甲府市丸の内1丁目1番11号

Copyright(c)2000-2011 Yamanashi Labor Bureau.All rights reserved.