雇用シェア(在籍型出向)で従業員の雇用を守りませんか?

鳥取労働局では、関係機関と連携して、出向情報やノウハウ及び各種支援策の共有、送出企業や受入企業の開拓等を通じ企業間のマッチングを促進するとともに、在籍型出向を検討する企業や出向社員の疑問や不安にお応えする支援を行っております。

是非、「在籍型出向」の活用を検討してみてください。


            

                                 

◎お知らせ
・制度改正のお知らせ 「令和3年8月1日から、独立性が認められない事業主間で実施される在籍型出向も産業雇用安定助成金の助成対象になります。」






一時的に雇用過剰となった企業が雇用を守るために、人手不足の企業との間で出向契約を行い、労働者は出向元企業と出向先企業の両方と雇用契約を結び、一定期間継続して勤務する。➡ 出向期間終了後は出向元企業に復帰する。




◎動画による在籍型出向のポイント解説

◎在籍型出向の基本的な事項について解説しています。
 まずはこちらを是非ご覧ください。


【主なコンテンツ】
・在籍型出向のメリット  ・在籍型出向ってどういう働き方?
・在籍型出向ってどういう準備が必要?
・在籍型出向について相談できる場所はある?

             
   
                       ※動画に使用されているスライド一式
画像をクリックすると、動画(You tube)へ遷移します。



◎在籍型出向”基本がわかる”ハンドブック
   具体的な出向事例や必要な準備事項など、在籍型出向に必要となる基本的な内容をまとめています。在籍型出向を進めてみようと考えている事業主の皆さまは、是非ご確認ください。


在籍型出向”基本がわかる”ハンドブック 
【主な項目】
・在籍型出向している企業の具体的事例  ・在籍型出向ってどういう働き方?
・在籍型出向ってどういう準備が必要?    
・給与に関する税務上の留意点や、社会保険・労働保険の取り扱いはどうなる?
・在籍型出向の支援制度ってある?                 ・在籍型出向について相談できる場所はある?
・Q&A                                       
                                                         ⇦こちらをクリックするとリーフレットがでます。   
                                                       



   ◎動画による産業雇用安定助成金のポイント解説
   在籍型出向により労働者の雇用を維持する場合の助成金を活用するための基本的な事項について解説しています。まずはこちらを是非ご覧ください。

【主なコンテンツ】
・産業雇用安定助成金とは?  ・助成を受けるための主な要件は?
・出向の主な要件は?       ・申請手続きについて
・計画届の提出に必要な書類   ・支給申請に必要な書類     
・申請手続きの注意点

                                 
     
                        ※動画に使用されているスライド一式
画像をクリックすると、動画(You tube)へ遷移します。


◎概要
   新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者の雇用維持をする場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して助成します。
◎助成率、助成額
    ◇出向運営経費
           出向元事業主および出向先事業主が負担する賃金、教育訓練および労務管理に関する調整経費など、出向中に要する経費の一部を助成。


(※)独立性が認められない事業主間で実施される出向の場合の助成率:中小企業2/3、中小企業以外1/2



◇出向初期経費
         就業規則や出向契約書の整備費用、出向元事業主が出向に際してあらかじめ行う教育訓練、出向先事業主が出向者を受け入れるための機器や備品の整備などの出向の成立に要する措置を行った場合に助成。
(独立性が認められない事業主間で実施される出向の場合、出向初期経費助成は支給されません。)


(※)助成額の加算
・出向元事業主が雇用過剰業種の企業や生産性指標要件が一定程度悪化した企業である場合。
・出向先事業主が労働者を異業種から受け入れる場合。

◎お問い合わせ先
   ◇ご不明な点は、鳥取労働局 職業対策課までお問い合わせください。
                 電話番号:(0857)29-1708


◎産業雇用安定助成金のご案内リーフレット
    産業雇用安定助成金の概要について記載したリーフレットになります。助成金を検討される事業主の皆さまは、ご覧ください。

   【主な内容】
・助成金の対象となる「出向」   ・対象事業主
・助成率・助成額                       ・助成対象となる経費
・受給までの流れ                      ・参考:助成額比較(イメージ)

産業雇用安定助成金リーフレット
⇦こちらをクリックするとリーフレットがでます。



◎産業雇用安定助成金ガイドブック
     「支給の要件」や「受給の手続き方法」など、産業雇用安定助成金の支給についての主な内容をまとめております。助成金を活用される事業主の皆さまは、是非ご確認ください。

【主な項目】
・雇用の維持を効果的に進めるために
・支給の要件
・受給の手続き
・申請のための具体的な記載例

産業雇用安定助成金ガイドブック
⇦こちらをクリックするとリーフレットがでます。
                                            ※ 「産業雇用安定助成金支給要領」 



   

公益財団法人産業雇用安定センターと協力して、新型コロナウイルス感染症の影響により一時的に雇用過剰となった企業が雇用を守るために人手不足の企業との間で雇用シェア(在籍型出向制度)を活用した出向を行う場合の支援を無料で行います。


公益財団法人産業雇用安定センター鳥取事務所

〒680-0835
   鳥取県鳥取市東品治町102鳥取駅前ビル3F
        TEL:0857-20-1500
          詳しくは産業雇用安定センターHP(HPへ遷移)




在籍型出向を検討されるにあたり、不安や疑問などがありましたら、どんなことでも構いませんので、鳥取労働局「出向なんでも相談窓口」へご連絡ください。






      在籍型出向の取り組みを支援するために、関係機関が連携して、出向情報やノウハウ及び各種支援策の共有、送出企業や受入企業の開拓等を通じ、企業間のマッチングを促進することを目的として設置・開催しています。

【構成機関・団体】
 経済団体 鳥取県商工会議所連合会、鳥取県商工会連合会、鳥取県中小企業団体中央会
          一般社団法人鳥取県経営者協会
 労働団体 日本労働組合総連合会鳥取県連合会
 支援団体 鳥取県社会保険労務士会、公益財団法人産業雇用安定センター鳥取事務所
 金融機関 株式会社山陰合同銀行、株式会社鳥取銀行
 行政機関 中国経済産業局、中国地方整備局、中国運輸局、大阪航空局、鳥取県
            鳥取労働局

【協議会開催実績】                                                                                  【資料】   
                                                                                                               協議会資料  
日 時      令和3年3月22日(月)13時30分~15時00分                                        
議 題      ・ 在籍出向支援事業の概要について
               ・ 管内の雇用情勢について(雇用過剰と人手不足)
               ・ 鳥取県在籍型出向等支援協議会設置要領(案)について
               ・ 関係機関の支援策について

詳細情報
     「在籍型出向」や「産業雇用安定助成金」の詳細情報については、厚生労働省のホームページに詳しく掲載されていますので、ご活用ください。
 
 厚生労働省ホームページ                                         リンク先
        在籍型出向支援 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/
koyou/jigyounushi/page06_00001.html
     産業雇用安定助成金 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082805_00008.html













 

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

鳥取労働局

職業安定部
職業安定課  TEL : 0857-29-1707

その他関連情報

情報配信サービス

〒680-8522 鳥取市富安2丁目89-9

Copyright(c)2000-2011 Tottori Labor Bureau.All rights reserved.