最低賃金制度

最低賃金制度とは

 最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとされている制度です。
 仮に最低賃金額より低い賃金を労使合意の上で定めても、それは法律により無効とされ、最低賃金額と同額の定めをしたものとみなされます。
 最低賃金は、次のように「地域別最低賃金」と「特定最低賃金」の2種類があります。
 
 1 地域別最低賃金(徳島県最低賃金)
    徳島県内の事業場で働く全ての労働者に適用
 2  特定(産業別)最低賃金
    徳島県内の特定の産業の事業場で働く労働者に適用

 なお、徳島県最低賃金と特定(産業別)最低賃金の両方が同時に適用される場合には、高いほうの最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません

最低賃金はすべての労働者に適用されます

 最低賃金は、常用、臨時、パート、アルバイトなどの雇用形態や呼称の形態を問わず、事業場で働く全ての労働者に適用されます

 しかし、以下のような労働者については、使用者が都道府県労働局長の許可を受けることを条件として、個別に最低賃金の減額の特例が認められています。

   

 減額の特例を受けようとする使用者は、それぞれの所定様式による申請書2通を作成し、所轄の労働基準監督署長を経由して都道府県労働局長に提出してください。(最低賃金の減額の特例許可申請書様式

最低賃金の対象となる賃金

 最低賃金の対象となる賃金は、通常の労働時間、労働日に対応する賃金に限られます。
 具体的には、実際に支払われる賃金から次の賃金を除外したものが、最低賃金の対象になります。
 
 
 

最低賃金額以上となっているかどうかの確認方法

その他関連情報

情報配信サービス

〒770-0851 徳島市徳島町城内6番地6 徳島地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Tokushima Labor Bureau.All rights reserved.