リスクアセスメント

1  労働災害が起きる前に、危険を取り除きましょう。

 生産工程の多様化・複雑化が進展するとともに、新たな機械設備・化学設備が導入されるなど、労働災害の原因が多様化し、その把握が困難となっています。
  このため、法令に規定される最低基準としての災害防止対策を遵守するだけでなく、自主的に個々の事業場の危険性又は有害性の調査を実施し、その結果に基づいて適切な労働災害防止対策を講じることが求められています。
  厚生労働省では、労働安全衛生法第28条の2に基づいて、各事業場においてこれらの措置が適切に実施されるよう、基本的考え方及び実施事項について、 『危険性又は有害性等の調査等に関する指針』 (厚生労働省HP)を定めています。

 危険性又は有害性等の調査等に関する指針(リーフレット) (2242KB; PDFファイル)
 

2  リスクアセスメント

 職場にある様々な危険の芽(リスク)を見つけ出し、災害に至る前に、先手を打って対策を施し、リスクの除去・低減措置を行い、更なる労働災害の減少を図るための手法の一つに「リスクアセスメント」があります。
  リスクアセスメントとは、作業における危険性又は有害性を特定し、それによる労働災害(健康障害を含む)の重篤度(災害の程度)とその災害が発生する可能性の度合を組み合わせてリスクを見積もり、そのリスクの大きさに基づいて対策の優先度を決めた上で、リスクの除去又は低減の措置を検討し、その結果を記録する一連の手法をいいます。
  リスクアセスメントによって検討された措置は、安全衛生計画に盛り込み、計画的に実施する必要があります。
   

3  リスクアセスメント導入の実施手順

  リスクアセスメント導入の実施手順(職場のあんぜんサイトへリンク)
 

4  リーフレット等

    リーフレット等(厚生労働省へリンク)

その他関連情報

情報配信サービス

〒380-8572 長野市中御所1-22-1

Copyrightc Nagano Labor Bureau.All rights reserved.