青森労働局版 第9次粉じん障害防止総合対策について(平成30年度~平成34年度)

 粉じん障害の防止に関しては、粉じん障害防止規則(昭和54年労働省令第18号。以下「粉じん則」という。)が全面施行された昭和56年以降、粉じん則の周知徹底及びじん肺法(昭和35年法律第30号)との一体的運用を図るため、これまで8次にわたり、総合対策を推進してきたところです。
 その結果、当局管内の第8次粉じん障害防止総合対策期間中(平成25年度~平成29年度)におけるじん肺新規有所見労働者数は2人となり、第7次粉じん障害防止総合対策期間中(平成20年度~平成24年度)の6人から減少したところですが、じん肺新規有所見労働者は、依然として発生しており、引き続き、粉じんばく露防止対策を推進することが重要です。
 以上の状況を踏まえ、青森労働局では「第9次粉じん障害防止総合対策」を策定して推進するとともに、事業者が特に実施すべき措置を「粉じん障害を防止するため事業者が重点的に講ずべき措置」として示したところです。
 本措置の趣旨を御理解いただき、粉じん障害の防止に関し、ご理解ご協力をお願いいたします。

   

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

青森労働局 労働基準部 健康安全課

電話番号
017-734-4113

その他関連情報

情報配信サービス

〒030-8558 青森市新町2-4-25 青森合同庁舎

Copyright(c)2000-2014 Aomori Labor Bureau.All rights reserved