女性の活躍を推進するために

女性活躍推進法が改正されました!

令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。
主な改正内容は以下のとおりです。

詳しくは厚生労働省HPもご確認ください。

1 一般事業主行動計画の策定・届出義務等の対象拡大(施行:令和4年4月1日)
一般事業主行動計画の策定・届出義務及び自社の女性活躍に関する情報公表の義務の対象が、常時雇用する労働者数301人以上から101人以上の事業主に拡大されます。

2 一般事業主行動計画の内容強化(施行:令和2年4月1日)
常時雇用する労働者数301人以上の事業主は、令和2年4月1日以降が始期となる一般事業主行動計画を策定する際は、原則として、
 ①女性労働者に対する職業生活に関する機会の提供
 ②職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備
の区分ごとに1つ以上の項目を選択し、それぞれ関連する数値目標を定めた行動計画の策定届を都道府県労働局に提出する必要があります。

3 女性の活躍に関する情報公表の強化(施行:令和2年6月1日)
常時雇用する労働者数301人以上の事業主は、令和2年6月1日以降、女性の活躍に関する情報公表についても、
 ①女性労働者に対する職業生活に関する機会の提供
 ②職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備
の区分ごとにそれぞれ1項目以上選択して、2項目以上情報公表する必要があります。

4 特例認定制度(プラチナえるぼし)の創設(施行:令和2年6月1日)
都道府県労働局への申請により、女性の活躍推進に関する状況等が優良な事業主を認定する「えるぼし認定」よりも水準の高い「プラチナえるぼし認定」が創設されました。

改正女性活躍推進法が施行されます
            【PDF:1MB】

一般事業主行動計画の策定・届出について

 一般事業主行動計画(以下「行動計画」)とは、女性活躍推進法に基づき、女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するために、企業が自社の状況を分析して(1)計画期間、(2)数値目標、(3)取組内容、(4)取組の実施時期を定めるものです。

 労働者数301人以上の事業主には、行動計画の策定・届出、公表・周知等が義務付けられています(令和4年4月1日からは労働者数101人以上の事業主に対象拡大)。

◇一般事業主行動計画策定・変更届出様式: Word / PDF
◇一般事業主行動計画策定・変更届出様式(一体型): Word / PDF
モデル行動計画
◇「中小企業のための女性活躍『行動計画』策定プログラム」: Excel

「中小企業のための女性活躍『行動計画』策定プログラム」は、女性活躍推進法に基づき、状況把握、課題分析、一般事業主行動計画の策定を簡単に行うことのできるプログラムです。また、本プログラムで作成した行動計画をそのまま使用することができます。


  一般事業主行動計画を策定しましょう   改正女性活躍推進法
         【PDF:6MB            【PDF:1MB】
 

一般事業主行動計画の周知・公表について

 行動計画を策定したらその行動計画を労働者に周知し、外部にも公表します。
 周知の方法には、事業所の見やすい場所への備え付け、労働者への配布、電子メールによる送付、イントラネット(企業内ネットワーク)への掲載などがあります。
 公表の方法には、厚生労働省が運営するウェブサイト「女性の活躍推進企業データベース」への掲載、自社ホームページへの掲載、県の広報誌への掲載等があります。
 

女性の活躍に関する情報公表について

 常時雇用する労働者数301人以上の事業主は、以下①と②の区分ごとにそれぞれ1項目以上を選択して、2項目以上を公表する必要があります(労働者数101人以上300人以下の事業主は、令和4年4月1日以降情報公表が義務付けられます)。

301人以上事業主の情報公表の改正内容

女性活躍推進企業(えるぼし認定・プラチナえるぼし認定)について

◇えるぼし認定とは
 女性活躍推進法に基づく行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍に関する状況が優良である等の一定の基準を満たした企業について、都道府県労働局への申請により、厚生労働大臣が「女性活躍推進企業」として認定する制度です(認定の権限は都道府県労働局長に委任されています)。

◇プラチナえるぼし認定とは
 えるぼし認定企業のうち、行動計画の目標達成や女性の活躍推進に関する状況が特に優良である等の一定の基準を満たした企業は、都道府県労働局への申請により、厚生労働大臣の特例認定(プラチナえるぼし認定)を受けることが来ます(認定の権限は都道府県労働局長に委任されています)。

 *認定の取得により、下記認定マークを名刺・求人広告・商品等につけることができ、企業のPRや人材の確保・定着を期待できます。
   <1段階目>   <2段階目>   <3段階目>   <プラチナえるぼし認定>
  えるぼし1段階目  えるぼし2段階目  えるぼし3段階目     プラチナえるぼし



えるぼし認定取得しませんか     えるぼし認定のご案内
     【PDF:367KB】             【PDF:12MB】



◇基準適合事業主認定申請様式  *認定申請の際は、関係法令遵守報告書も添付してください。
  関係法令遵守報告書: Word / PDF




 

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

青森労働局 雇用環境・均等室

電話
017‐734‐4211
FAX
017‐777‐7696

その他関連情報

情報配信サービス

〒030-8558 青森市新町2-4-25 青森合同庁舎

Copyright(c)2000-2014 Aomori Labor Bureau.All rights reserved