令和3年度 冬期労働災害防止運動

 青森県は、冬期間となる11月から翌年3月にかけて降雪、低温、強い季節風等の冬期特有の気象条件の影響を受ける積雪寒冷地域ですが、このような冬期特有の気象条件による積雪・凍結・寒冷に起因して発生する労働災害(以下「冬期労働災害」という。)は毎年多発しており、大雪であった昨冬においては冬期労働災害による休業4日以上の死傷者数は211人(うち死亡3人)と、一昨年同期の118人(うち死亡0人)と比較して93人増(+78.8%)と大幅に増加しました。
 また、冬期労働災害は、降雪量が増加し、気温が一段と低下する 12 月から翌年2月までの3か月間に集中して発生する傾向にあり、昨冬の冬期労働災害 においても死傷者数 211 人中 207 人(98.1%)がこの時期に被災して おり、その内訳では、転倒災害による死傷者数 が 207 人中 176 人(85.0%)と大半を占めるほか、高所での除雪作業中の墜落災害 、車両や除排雪機械等に轢かれる交通事故等で3名が死亡したという状況にありました。
 このため、当局では、労働災害防止団体、事業者団体等と連携し、事業場における自主的な安全衛生管理活動の一層の推進を図り、今冬の冬期労働災害の減少を目指し、転倒災害並びに死亡災害や重篤な災害につながりやすい墜落災害及び交通事故の防止を重点として「令和3年度冬期労働災害防止運動」を実施、展開することといたしました。

 
 重点目標:転倒、墜落及び交通事故による労働災害の減少
 
 実施期間:令和3年12月1日から令和4年2月28日までの3か月間
        (準備期間:令和3年11月1日から11月30日)

 
 事業場の皆様方におかれましては、以下の資料等を参考にして、冬期労働災害防止対策に積極的に取り組んでいただきますようお願いいたします。
 なお、本年度の本運動については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に十分に留意するようお願いいたします。
 
 詳細は、以下の資料等を御覧ください。
 
「令和3年度 冬期労働災害防止運動実施要綱」
「冬期労働災害統計(令和3年度版)」
「冬期労働災害防止対策の進め方(令和3年度版)」
「冬期特有の労働災害を防止しましょう!」(リーフレット)
「冬期特有の労働災害を防止しましょう!」(チェックリスト付きリーフレット)
「冬期特有の労働災害を防止しましょう!」(ポスター)

 

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

青森労働局 労働基準部 健康安全課

電話番号
017-734-4113

その他関連情報

情報配信サービス

〒030-8558 青森市新町2-4-25 青森合同庁舎

Copyright(c)2000-2014 Aomori Labor Bureau.All rights reserved