時間外・休日労働に関する協定届 (36協定)

時間外・休日労働に関する協定届 (36協定)

ダイヤ法定の労働時間を超えて労働 (法定時間外労働)させる場合、または、法定の休日に労働 (法定休日労働)させる場合にはあらかじめ労使で書面による協定を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出ることが必要です。

 この協定のことを労働基準法第36条に規定されていることから、通称 「36協定」といいます。

 

       1 提出部数  2部 (1部は 控)

       2 提出先   事業場を管轄する労働基準監督署

       3 36協定様式のダウンロード
          
リーフレット・記載例・様式(新様式) 等


            ●旧様式はこちらから
             時間外・休日労働に関する協定届    (ワード)

             時間外・休日労働に関する協定届(事業場外労働に関する協定付記)  (ワード)

             時間外・休日労働に関する協定届       (記載例)
 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 監督課

電話
TEL:098-868-4303

その他関連情報

情報配信サービス

〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1番1号那覇第2地方合同庁舎(1号館)3F

Copyright(c)2000-2011 Okinawa Labour Bureau.All rights reserved.